【厳選】Pythonを学べるプログラミングスクール5選!オンライン受講もOK

オススメプログラミングスクール

  1. 侍エンジニア塾の詳細公式HPへ
  2. CodeCampの詳細公式HPへ:無料体験受講で1万円オフ!)
  3. テックアカデミーの詳細公式HP:割引情報へ

最近AI(人工知能)が世間を賑わせることが多くなっていますね。将棋のプロにAIが勝った。という話は誰しも聞いたことがあるのではないでしょうか?

他にも

  1. 機械学習
  2. ディープラーニング
  3. ロボット
  4. データ分析

こういったワードに楽しそうと思う人はPythonを学ぶべきでしょう。

今回は、Pythonを学びたい人におすすめのプログラミングスクールを○選紹介していきます。

  1. どのスクールがいいの?
  2. 料金はどうなってる?
  3. サポートの違いは?

ということを実際に2箇所のプログラミングスクールで学習した僕が徹底解説していきます。

この記事を読めばきっと自分に最適なプログラミングスクールが見つかることを約束します。

Pythonの基礎情報について

まずはPythonの基礎情報や、使えると何が出来るかを紹介していきます。

コードが簡潔

Pythonのコードは非常に簡単です。なぜならPythonは、コードの読み書きを重視しているから。

他の言語で10行かかるところ、Pythonは3行でできちゃう。なんて箇所もあります。コードが書きやすく読みやすい。という点で初心者が学ぶのに適したプログラミング言語というわけです。

Pythonで出来ること

Pythonでできることは結構多いのですが、以下4つを紹介します。

  1. webアプリケーション開発
  2. 統計解析
  3. 機会学習
  4. ディープラーニング

きっとご存知の【youtube】や【Instagram】もPythonを使って作られています。

次に統計解析。難しい言葉ですが、例えばネット上にある膨大なデータを取ってきて、何が売れてるかなどを解析して販売に生かしていく。という感じです。

特にWEBマーケターとして活躍していきたい人には最適な言語です。僕の周りもWEBマーケターは声を揃えて【マーケターはPythonを学べ】と言っています。

残りは機械学習とディープラーニング。

機械学習とは、難しいのでWikiから引用しますね。

ある程度の数のサンプルデータ集合を入力して解析を行い、そのデータから有用な規則、ルール、知識表現、判断基準などを抽出し、アルゴリズムを発展させる。なお、データ集合を解析するので、統計学との関連が深い。
引用: Wikipedia

僕の場合、このブログの読者層データなどを解析して、20代が多いから20代向けの記事をもっと書こう!みたいな感じです(めちゃ簡単に言ってるのですが実際はもっと膨大なデータを解析します。)

Pythonの年収と就職状況

求人検索エンジン「スタンバイ」が発表したプログラミング言語別年収ランキング2018によると、Pythonの年収はプログラミング言語で3位です。

最大年収は1,499万円。求人数も9,344件と言語の中でも非常に多くなってきてます。

昨今のAI台頭によって一気に求人数が増えた感じですね。

今後もAIは時代を引っ張っていくでしょうから、Pythonを使えるエンジニアというのは時代に求められる存在になるでしょう。

オリジナルカリキュラムが強い【侍エンジニア塾】

侍エンジニア塾の特徴

侍エンジニア塾の特徴としては以下のものがあります。

  1. フルオーダーメイドカリキュラム
  2. マンツーマンの専属講師がつく
  3. 学びながら稼ぐことも可能
  4. オンラインで学習できる
  5. 無料体験レッスン受講でアマゾンギフト券がもらえる

侍エンジニア塾の料金

侍エンジニア塾の受講料は上記の様になっています。

完全オーダーメイドカリキュラム×専属講師が着くということで料金は数あるスクールの中でも高めです。

侍エンジニア塾卒業生の声

実際に僕も受講していたのでその際のことは「稼ぎたい人必見!非常識な結果を出す侍エンジニア塾で勉強してみた」にてまとめています。

【稼ぎたい人必見!】非常識な結果を出す侍エンジニア塾で勉強してみた

2018.05.25

侍エンジニア塾をおすすめしたい人

侍エンジニア塾をおすすめしたいのは以下の方です。

  1. フリーランスになりたい人
  2. オンラインで学びたい人
  3. 仕事に繋がる実績が欲しい方
  4. プログラミング挫折経験がある人

などです。

特にフリーランスになりたい方がおすすめ。

もちろん侍エンジニア塾を卒業して就職することも可能です。

就職の実例は「侍エンジジア塾を卒業して転職できるか?実例を元に紹介」にて解説しています。

侍エンジジア塾を卒業して転職できるか?実例を元に紹介

2018.08.22

まずは無料体験を受けてみましょう。

無料体験は、オンラインと通学(渋谷駅)のどちらにも対応しています。先着20名だけ入塾料が無料になるので早めに無料体験を受けてみましょう。

無料体験を受けてみた感想は「未経験から時給3000円のエンジニアになれる?という侍エンジニア塾の無料体験を受けてみた」にて解説もしています。

未経験から時給3000円のエンジニアになれる?という侍エンジニア塾の無料体験を受けてみた

2017.10.14

こちらからも簡単に無料体験の申込みが可能です!

オンラインで通える【CodeCamp】

CodeCampの特徴

CodeCampの特徴は以下です。

  1. オンライン受講のみ可能
  2. 比較的安価な受講料
  3. 講師は全員現役エンジニア

などがあります。

CodeCampの料金

CodeCampの料金は2ヶ月148,000円と非常に安いのが特徴。

この中には、20回のレッスン回数が含まれています。教材を進めながらわからない箇所やより理解したい箇所を、講師の方とオンラインで画面を繋いで学習を深めるスタイルです。

CodeCamp卒業生の声

僕は侍エンジニア塾の他にCodeCampで学習していたので詳しくは「CodeCamp(コードキャンプ)でプログラミング学習をした結果にてご覧ください。」

CodeCamp(コードキャンプ)でプログラミング学習をした結果

2017.10.26

CodeCampをおすすめしたい人

CodeCampをおすすめしたい人は以下です。

  1. より安価で学びた方
  2. 1からPythonを学びたい方
  3. オンラインで学びた方

CodeCampはオンラインのみ無料体験を行っています。

無料体験受講で1万円のクーポンがもらえるキャンペーンを今月末まで行っているので、是非受講してみてください。

就職実績に好評ありの【DIVE INTO CODE】

DIVE INTO CODE(以下DIC)は、初心者でも一流のエンジニアになることを目標にしたプログラミングスクールです。

カリキュラムは随時更新され、2000回を超えるとされています。

DIVE INTO CODEの特徴

DICの特徴は

  1. 初心者から4ヶ月で自走可能なエンジニアに
  2. 入学に面談あり
  3. 就職に定評あり

などが挙げられます。

DIC機械学習コース

4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニア

DIVE INTO CODEの料金

DICの料金は入会金:200,000円(税込)。本コース料金:798,000円(税込)と非常に高めです。

DIVE INTO CODE卒業生の声

DICにはすごくいいテキストがあります。ただそれだけではなく、自分で手を動かし、カリキュラムを終えたら主体的にアプリ開発などどんどんやってみることも大事だと思います。ちゃんと要件定義から考えられるようにメンターのサポートを受けつつ、自分でプラスアルファの実践をやる事で自分の力になります。その環境がDIVE INTO CODEにはあると思います。(出典:DIC公式HP

DIVE INTO CODEをおすすめしたい人

DICをおすすめしたいのは、卒業してPythonエンジニアとして会社でゴリゴリやりたい人にはおすすめです。

逆にフリーランスとしてやりたい方には向いていません。

プログラマ界隈でDICのカリキュラム、就職実績は非常に評価されています。

イケイケムード漂う【テックアカデミー】

テックアカデミーの特徴

テックアカデミーの特徴は以下です。

  1. オンライン受講のみ
  2. イケイケムードが漂う
  3. カリキュラムを進める学習方法

テックアカデミーの料金

テックアカデミーPythonコースの料金は上記の様になっています。

Pythonコースに学割がないのが残念ですが、比較的安めです。

テックアカデミー卒業生の声

テックアカデミーをおすすめしたい人

テックアカデミーPythonコースをおすすめしたい方は以下です。

  1. オンラインで学習したい方
  2. 安価で学習したいから
  3. 自分でカリキュラムを進めたい方

テックアカデミーPythonコースの無料体験は動画を見る感じになるので簡単に受講可能です。

オンライン教材の【Udemy】

Udemyの特徴

  1. 完全動画教材
  2. 非常に格安(1200円〜)
  3. アメリカで人気の教材

Udemyの料金

UdemyPythonコースの料金は通常料金15,000円ですが、よくセールをやっています。

この記事を執筆中(2018年9月4日時点)で2400円と激安セールを行っています。

Udemyはよくセールをやっているので公式HPを要チェックです!

Udemy利用者の声

こちらも実際に受講していたので、Pythonコースについては「UdemyのPythonデータサイエンス入門がデータ解析初心者に超おすすめ!」にて紹介しています。

UdemyのPythonデータサイエンス入門がデータ解析初心者に超おすすめ!

2017.11.30

Udemyをおすすめしたい人

  1. 自分のペースで学習したい人
  2. スクールより前にまずはPythonを触ってみたい方

という方におすすめです。

まとめ

Pythonを学べるプログラミングスクールとUdemyを紹介しました。

自分に合ったスクールも有ると思うので、無料体験を受けてみてください。特に侍エンジニア塾無料体験は内容もすごいので、一度受けてみることがおすすめです。