【業界人が語る】Androidアプリ開発を学べるプログラミングスクール12選

フリーランス農家のきしころです。

普段はオンラインプログラミングスクールを提供するCodeCampにてプログラミング系メディアの運営をしているので日本一プログラミングスクールについて詳しい自信があります!

今回はAndroidアプリ開発を学べるプログラミングスクールを12個ランキングにしました。

  1. Androidアプリ開発で儲けたい!
  2. 楽しそうだからAndroidアプリ開発をしたい!
  3. Androidアプリ開発ってなんだか面白そう!

という方はぜひ参考にしてみてください。

Androidアプリとは?

端的にお伝えすると、Androidのスマートフォン、タブレットなどで動くことのできるアプリのことです。

皆さんも「LINE」や「Facebook」、「Twiter」などのSNSからゲームでは「パズドラ」「モンスト」などといったアプリを使っているかもしれませんが、iPhoneとは違うプログラムが組まれ、Androidで動くようにできているんですね。

Androidアプリを開発する言語は?

Androidアプリを開発するプログラミング言語は「Java」が基本的に使われますが「C#」という言語も使われることがあります。

2017年5月には「Kotlin」という言語もAndroidアプリの正式な開発言語としてGoogleによって制定され、注目を集めており、今後の動向にも注目です。

Androidアプリ開発は儲かるの?

やはりアプリを開発したいという人の多くが「儲かりそうだから」と思っているのではないでしょうか?そこで、1つですがAndroidアプリの成功例を紹介します。

「誰もやりたくないアプリ」を3日でつくったら、広告収益3,500万円超え。

こちらの様に、世界でのシェアが大きいので、一発当てると非常に大きな利益を手にすることができるのがAndroidアプリの特徴でしょう。Androidアプリは世界にあるアプリで80%シェア率を持っていると言われます。

しかし、各国で異なる感情や流行など、多くのマーケティング要素が必要になる仕事ともいえるでしょう。

日本国内でのシェア率は30%と世界の水準と比べると少ないですが、人口が多いことを考えると十分収益化できるシェア率だと言われています。

Androidアプリ開発は簡単?

どの程度のアプリを作るかにもよりますが、プログラミングの世界において非常に難しい分野とはいえないでしょう。

しかし、完成度の高いアプリを作るには時間がかかります。まずは簡単なアプリから開発を始め、徐々に難しいものを作っていくという手順をこなしていけば、必ずスキルは上がっていくことは間違いないです。

ただし!学習を始める人の挫折率は90%以上と言われます。そこでおすすめするのがプログラミングスクールに通うことです。

挫折しがちなAndroidアプリ開発のコースを作ることで、初心者がつまづきやすいポイントを講師がフォローしてくれるため挫折率が非常に低くなります。

独学でもAndroidアプリ開発は可能ですが、挫折してしまっては意味がありません。

今後Androidアプリ開発で儲けようとする人は

  1. プログラミングスクールで学ぶ
  2. 就職して業務をこなしながら空き時間で勉強したり作ったりする
  3. アプリで食べていけそうなら独立する(しなくてもOK)

という流れが基本になるでしょう。

Androidアプリ開発を学べるスクール12選

それでは、Androidアプリ開発を学べるスクールを紹介していきます。

紹介する多くのプログラミングスクールが無料体験を行なっているので、直感や条件などで自分に合いそうなスクールを見つけた場合、必ず無料体験を受けましょう。

僕もプログラミングスクールにいる傍ら、数十万円払ったけどあんまり合わなくて挫折/辞めてしまうといった話をよく聞きます。無料体験で講師や会社の雰囲気を掴んでおくことは非常に大事です。

第1位:僕も受講している【CodeCamp】

カテゴリ オンラインスクール
受講形態 マンツーマンレッスン
レベル 初心者~上級者
場所 全国(オンライン)
無料体験・カウンセリング あり
入会金 10,000円(無料キャンペーン中)
料金 298,000円(税抜き)
受講可能時間 朝7時〜24時
期間 6ヶ月
講師 現役エンジニア/ 現役デザイナー
教材 オリジナル

まずは僕が受講、働いているスクール。受講しているからこそよさがわかります。

高額な料金になってしまうマンツーマンレッスンをオンラインで提供することにより安価な価格を実現。月々¥10,800〜の分割払いにも対応しています。

累計学習者18,000人、法人導入実績200社(LINEやグノシーなど)と確かな実績も。親会社は東証一部上場企業のフューチャーアーキテクト株式会社ということからも信頼できるスクールです。

僕も滋賀県から受講していますが、オンラインのデメリットを感じたことはほとんどありません。たまに受講者と講師が一緒に話しちゃって譲り合うぐらいですね。

地方に住んでいる方や、近くにプログラミングスクールはあるけど通う時間が勿体無いと思われる方におすすめです。アプリマスターコースではiPhoneアプリ、Androidアプリ共に学ぶことができます。

「とはいえいきなり申込むのは不安。」という方向けにCodeCampの無料体験を行なっています。

10月末まで限定で、無料体験を受けた方限定1万円割引のクーポンが発行されるキャンペーンを行なっています。入会金と合わせて2万円引きになるってことですね。お得なのは今だけです。

CodeCampの無料体験はこちら

また、CodeCampに関して詳しくまとめたので合わせてご覧ください。

業界人が語る!【コードキャンプ】の特徴・評判・口コミを徹底解説

2017.07.25

第2位:非常識な結果を出したい人向け【侍エンジニア】

カテゴリ 通学/オンライン
受講形態 動画レッスン/マンツーマン
レベル 初心者~
場所 オンライン/恵比寿
無料体験・
カウンセリング
あり
料金 138,000円(税抜き)入塾料無料キャンペーン中
時間 レッスンは8:00~22:00まで。メールサポートは24時間
期間 1ヶ月

侍エンジニア塾はプログラミングを使って「結果を出す」ことを目標にしたスクール。

オンライン/通学(恵比寿)どちらにも対応しており、料金が変わらないのもいいですね。

侍エンジニア塾ではプログラミングをなんとなく学ぶのではなく、どう活用するかを徹底的に考えます。

そんな徹底したカリキュラムのおかげで、侍エンジニア塾を未経験で受講し、卒業時には時給3000円の案件を取る人も少なくありません。

未経験からでもこのような結果を出せるのは、受講生の目標を徹底的に考えフルオーダーメイドのカリキュラムを提供するからでしょう。

侍エンジニア塾では最初に目的を明確にし、やるべきこと学習を受講生ごとにカスタマイズしています。

最初から目的が決まっているとやるべきことが明確になり、短期間でも結果を出せるというわけ。なおかつ学習のモチベーションも下がりにくくなるので挫折することは少なくなりますね!

そんな侍エンジニア塾の無料体験では、

  1. 詰まってしまった時の解決法とは?
  2. 初心者に最適な学習言語とは?
  3. オリジナルアプリを簡単に作る方法とは?
  4. プログラミングの適正とは?
  5. 誰でもフリーランスになる方法とは?
  6. 高いモチベーションを意地する方法とは?
  7. 最短で学習する秘訣とは?

など、非常に濃い内容のカウンセリングを行なってくれます。

そのため、「アプリ開発で儲けたい!」と強く思っている人は侍エンジニア塾での受講をおすすめします。

逆にAndroid開発を趣味やなんとなくといった理由で学びたい人には向いていないプログラミングスクールです。

また現在、無料体験を受けた先着20名限定で入会金無料のキャンペーンも実施しているので、申し込みをお考えの方はぜひ早めにチェックしてみてください。

まずは無料体験を受けてみましょう。オンライン/オフラインに対応しています。

侍エンジニア塾のHPはこちら

侍エンジニアに関して詳しくまとめたので合わせてご覧ください。

業界人が語る!【侍エンジニア塾】の特徴・評判総まとめ

2017.08.06

第3位:イケイケの環境で学ぶ【テックアカデミー】

カテゴリ オンラインスクール
受講形態 教材を進めながらメンターのサポートを受ける
レベル 初心者~上級者
場所 全国(オンライン)
無料体験・
カウンセリング
あり
入会金 なし
価格 社会人129,000円/学生79,000円(1ヶ月コース)
期間 1ヶ月〜
サポート 15時〜23時
講師 現役エンジニア/ 現役デザイナー
教材 オリジナル

第13回 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」のTechAcademy [テックアカデミー]からもAndroidアプリコースがリリースされています。

CodeCamp侍エンジニア塾がiPhoneアプリ開発とAndroidアプリ開発をセットにしているのに対し、TechAcademy [テックアカデミー]ではAndroidアプリコースが独立して存在。

ピンポイントで受講が可能かつオンラインのため料金は安めです。

Androidアプリ単体で学びたい場合おすすめのスクール。オンラインで動画カリキュラムを進めつつ週に2回、メンター(専属講師)と悩みや進捗を話して進めていくスタイルで、イケイケの雰囲気が漂うので学生が多い印象です。

社会人は少々受講料が高めですが学割が非常に安いので学生が必然的に多くなるんですね。学生は社会人の50%程度で受講が可能なのでおすすめ。

1ヶ月単位で4ヶ月間までの費用が用意されており、今なら3ヶ月以上のコース申込みでメンターとの画面共有に必要なカメラがもらえるキャンペーンをやってます。

Androidアプリコースの目標は「Google Playへアプリのリリース」。リリースするという目標があると張り切ることができますね!

知識を「学ぶ」だけでなく「使う」ことを考えられたカリキュラムが提供されます。マンツーマンではないものの、動画学習はかなりリニューアルされており挫折しやすいポイントが丁寧に解説されておりスムーズに進めることが可能です。

無料体験、及び説明会の動画を公開しているのでこちらからご覧ください。

テックアカデミーの公式HPはこちら

テックアカデミーに関して詳しくまとめたので合わせてご覧ください。

【TechAcademy(テックアカデミー)】特徴・評判・口コミを徹底解説

2017.07.28

第4位:ITエンジニアスクール大手の【リナックスアカデミー】

カテゴリ 通学
受講形態 少人数制
レベル 初心者~中級者
場所 新宿駅南口徒歩3分・横浜駅東口徒歩4分
無料体験・カウンセリング あり
入会金 30,000円(税別)
コース価格 Androidアプリエンジニア+オープンソースDBコース680,000円
時間 9:30~21:45開放(昼間か夜間か選択制度)
期間 1ヶ月〜半年ほど(コースにより異なる)

IT教育の大手リナックスアカデミーからもAndroidアプリ開発のコースがリリースされています。

2001年4月に開校以来、資格取得などで大きな実績をあげています。

リナックスアカデミーはIT業界から講義が高く評価され、ヤフー株式会社のAndroid研修を請け負っているほど。

AndroidプログラマコースAndroidアプリエンジニアコースなど、380,000円から880,000円まで4つのコースが設定されています。

資料請求個別カウンセリングを行なっているので気になる方はしてみましょう。

リナックスアカデミーの公式HP

第5位:開講28年の実績【KENスクール】

カテゴリ 通学
受講形態 マンツーマン
レベル 初心者〜
場所 新宿・池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田
無料体験・
カウンセリング
あり
入会金 30,000円
価格 198,000円(税抜き)
期間 6ヶ月〜
教材 オリジナル

KENスクールは開校28年の実績を誇るプログラミングスクールです。

Androidアプリ開発コースは受講時間が64時間で198,000円(税抜き)と決して安くないお値段。しかし【未経験からスマートフォン開発の基本をマスターを】を謳っているため初心者にも安心です。

言語はJavaを学び、Androidアプリの基本的な画面レイアウトの作成方法から、データベースの利用などの技術を習得し、自分で開発したアプリケーションをAndroid携帯上で動作させながら学習します。

iPhone&Androidアプリ開発コースもリリースされておりこちらは80時間の学習で272,000円(税抜き)となっています。

開校28年の実績は素晴らしいものです。実績のある安心できるスクールを通学で受けたい場合KENスクールを選ぶといいでしょうね。

アプリ開発エンジニアとして転職を目指す場合Android&Javaエンジニア就転職総合コースを用意しており、こちらは9ヶ月の学習で497,000円となっています。

KENスクールの公式HPはこちら

第6位:就職サポート付きの【ヒューマンアカデミー】

カテゴリ 通学
受講形態 通い放題×集中講義
レベル 初心者~
場所 北海道、関東、中部、関西など全国対応
無料体験・
カウンセリング
あり
入会金 30,000円(税抜き)
価格 300,000円(税抜き)他、教材費など必要
期間 4ヶ月〜8ヶ月

様々な資格や講座を用意しているヒューマンアカデミーからもJavaを学べる講座がリリースされています。こちらは就職サポート付き。

Javaの基礎から学んで最終的にJavaプログラマーとしての転職/就職を目指します。初心者からJavaプログラマーになりたい方にもおすすめ。

週1、2日程度通った場合は約8ヶ月での卒業となる長丁場のコースとなっています。

ヒューマンアカデミーの詳細はこちら

第7位:経験者向けの【WINスクール】

カテゴリ 通学
受講形態 マンツーマン
レベル 初心者〜
場所 全国各地
無料体験・カウンセリング あり
入会金 18,000円(税抜き)
価格 96,000円(税抜き)
期間 20時間
教材 オリジナル
講師 現役エンジニア/ 現役デザイナー

WINスクールは北海道から鹿児島まで全国各地に展開しているプログラミングスクールです。

北海道、新潟市、名古屋、大阪、京都、広島、福岡など主要都市はカバー。場所によっては駐車場を完備しているのも嬉しいですね。WINスクールのAndroidアプリ開発講座は経験者向けの講座となっており初心者には向いていません。レッスンは個人レッスンです。

開発するアプリの価値を高めるため、アプリデザインに関する講座も行なってくれているのが特徴。ユーザーのニーズを確かに組みとり、アプリに活かすことで収益は増大することでしょう。

WINスクールの詳細はこちら

第8位:1日で学ぶ【神田ITスクール】

カテゴリ 通学
受講形態 完全個別指導形式
レベル 初心者~
場所 神田駅徒歩5分
無料体験・
カウンセリング
あり
入会金 なし
価格 29,800円 (税抜き)
期間 1日
教材 オリジナル

初心者向けの1日で軽く学ぶAndroidアプリ開発講座がリリースされている神田ITスクール

1日7時間みっちり学習することで、初心者でも簡単なアプリを完成させることができます。といってもたった1日では満足のいくアプリは難しいでしょう。

神田ITスクールで自分に適しているかを見極めるためにに受講するのはありかもしれませんが、先に紹介している侍エンジニア塾 無料体験レッスンなどは無料で受けることができるのでこちらもおすすめ。

それでも、この講座は4人の少人数講座。しっかりと経験豊富な講師が教えてくれるので充実した講座になるのは間違いないでしょう。

神田ITスクールの詳細はこちら

第9位:全4つのコースを提供する【パソコンISAスクール】

カテゴリ 通学
受講形態 マンツーマン
レベル 初心者〜
場所 東京、横浜、千葉、埼玉、茨木
無料体験・
カウンセリング
あり
入会金 20,000円(税抜き)
価格 177,000円(税抜き)
期間 50時間

パソコンISAスクールから、初心者向けAndroidアプリ開発パックが用意されています。50時間の学習を6ヶ月間の間に行います。

  1. Androidアプリクリエイター養成コース:250,000 円
  2. Androidアプリ開発パック:177,000円
  3. Androidアプリ開発講座:93,000円
  4. androidアプリ開発実践講座:93,000円

など4つのコースがリリースされているので自分にあったコースを選ぶと良いでしょう。ただ少しHP上ではわかりにくいのが不親切かなと思います。

パソコンISAスクールの詳細はこちら

第10位:日本最大のアプリ開発スクール【RainbowApps】

カテゴリ 通学/オンライン
受講形態 対面講義/動画レッスン
レベル 初心者~
場所 オンライン/大阪、新宿、恵比寿、湘南、笠間
無料体験・カウンセリング あり
入会金 要問合わせ
価格 社会人99,800円/学生49,800円(税込)
期間 25時間
講師 現役エンジニア
教材 オリジナル

RainbowAppsは受講者6,000人以上を輩出しているアプリ開発講を提供するプログラミングスクールです。全2ヶ月の工程でAndroidアプリ開発を学習することができます。

現役エンジニアによる対面講義にてアプリ開発の基本を理解していくのが特徴。「アプリの企画」や「デザイン」も段階的に学ぶことができ、アプリ開発の基礎を抑えたらオリジナルアプリの開発に入っていきます。

講座が終わるまでにAndroidアプリの公開を目標にしており、公開されたアプリは全受講生の前で発表することができます。同じ日程をこなしていく仲間の前で発表できるのは感慨深いものがあることでしょう。

卒業後もテキスト閲覧が可能で、卒業生向けの勉強会なども多数開かれています。

rainbowappsの詳細はこちら

第11位:就・転職成功率は92.3%の【システムアーキテクチュアナレッジ】

カテゴリ 通学
受講形態 少人数制
レベル 初心者〜
場所 新宿/秋葉原
入会金 要問合わせ
場所 新宿、秋葉原
無料体験・
カウンセリング
あり
料金 260,000円(税抜き)
期間 80回(80時間)
教材 オリジナル
講師 現役エンジニア

システムアーキテクチュアナレッジからは、夜間又は昼間に通うカリキュラムがリリースされています。

  1. 実践・反復の徹底による【開発力】の育成
  2. 問題を解決できる【検索力】の育成
  3. IT専門教育機関ならではのサポート

という3つのテーマが設定されておりアプリ開発を体系的に学べるのが特徴。

全くの初心者が数多く学び、初心者でも安心して学べるカリキュラムかつ講師は全員現役のエンジニアのみ。

新宿校と秋葉原校があります。

IT専門のスクールなので卒業生の転職、就職率は92.3%と高い水準を保っており、授業は少人数制での開催が基本です。

システムアーキテクチュアナレッジの詳細はこちら

第12位:合宿でも学べる【日本プログラミングスクール】

カテゴリ 通学/オンライン
受講形態 少人数制
レベル 初心者〜
場所 新宿/秋葉原
入会金 不明
場所 西船橋:名古屋
無料体験・カウンセリング あり
料金 190,000円(税抜き)
期間 80回(80時間)
教材 オリジナル
講師 現役エンジニア

日本プログラミングスクールは

  1. 通学
  2. オンライン
  3. 宿泊

という3つの受講体系を用意しているプログラミングスクールです。

広告費を抑えているため少々受講料金は安いですね。2005年から毎日スタッフブログを更新しているという素晴らしさ。学生向けパックは安いです。

受講料の他に教材費などが少々かかるので要チェックです。

日本プログラミングスクールの詳細はこちら

迷ったら無料体験を受けてみる

自分にピッタリのプログラミングスクールは見つかりましたか?

いざプログラミングスクールに通おうと思い、いきなり申し込んでしまうと地雷を踏んでしまう可能性があります。

プログラミングスクールや講師の雰囲気を知らないままに数十万円の大金をはたくのは中々難しいでしょう。そんなとき役に立つのが、各スクールが行っている無料体験を受けることです。

各スクール、無料体験に力を入れているのでここだ!と思ったスクールを受けるのではなく、2つ、3つ受けてから決めるのをおすすめします。一例ですが、

オンラインで受けたい人は、CodeCampもしくはテックアカデミー

アプリ開発で稼ぎたい人は侍エンジニアで受けてみましょう

なんといっても僕のオススメはCodeCamp侍エンジニアです。

このどちらか、または片方と自分にあったスクールの無料体験を受ければまず間違いないでしょう。特に侍エンジニアの無料体験はクオリティが高くてびっくりすると思います。

どの言語を学ぶべきかわからない人、とりあえずプログラミングに触れたい人などはぜひ受けてみてください。

Udemyで学ぶ

「いきなり何十万も払えない!」という方におすすめなのがUdemyで学習することです。

Udemyはアメリカシリコンバレー初の動画学習サイトです。

一般の方が作成した動画を買い、都合の良い時間に視聴するスタイルですが、Udemyの審査が厳しく非常に精度の高い動画を視聴可能です。

24,000円ぐらいする講座がよく1200円という格安セールをやっているので公式HPを要チェックです!

Udemyの公式HPはこちら