ロボアドバイザーTHEOに1万円入れて投資してみた

フリーランス農家のきしころです。

今回はロボアドバイザーTHEO
の紹介です。

同じようなサービスでウェルスナビがありますので比較される場合はこちらの記事もご覧ください。

WealthNavi(ウェルスナビ)に130万円投資して分かったメリットや特徴総まとめ

2017.12.01

THEOが1万円から始められるのに対し、ウェルスナビは10万円(キャンペーン期間のみ)から始めることができます。

THEOに1万円入れてみた

詳しい説明は後にして入金の結果報告です!

12/11に1万円入れて12/21現在が+69円です!

1万円から始められる!と言ってはいますが、1万円じゃほぼ意味が無いことがわかりますね!(それでも銀行よりは増えてますが

ちなみにアメリカドル建てはこんな感じ。

THEOの運営会社


THEOは「預金が動けば、この国は動き出す」をテーマにした株式会社お金のデザインによって運営されています。

上画像の様にテーマカラーは青。かなり青い気がします笑

2017年にはグッドデザイン賞を受賞し、ロボアドバイザーとしてはウェルスナビと双璧をなすサービスです。

運営会社 株式会社お金のデザイン
最低投資額 1万円
投資対象 世界のETF
サービス開始月日 2016年2月
運用手数料 預かり資産の1%(年率)

THEOの特徴3つ

THEOの特徴その1:手数料は1%

運用手数料はウェルスナビと全く同じで1%。3000万円を越える入金以後の手数料は0.5%になります。

口座開設して入金するだけで運用してくれ、手数料が1%っていうのは安いと、僕は思ってます。

THEOの特徴その2:1万円から資産運用がスタートできる

THEO最大の特徴はこれかなと。1万円から投資が可能です。
ウェルスナビは30万円(キャンペーン時は10万円)なので最初のハードルが高い。

THEOの特徴その3:簡単な質問に答えるだけで資産運用開始

THEOではウェルスナビと同様にいくつかの質問に答えるだけで適切なポートフォリオを組んで投資してくれます。

ちなみに僕はこんな感じでした。

THEOで口座解説する方法

公式サイトにGO!

THEO公式サイトにGO!無料でTHEOを体験をクリック。

質問に答えていく

質問に答えていきましょう。

すると予想資産を教えてくれます。

その後資産運用方針の紹介があるので「次へ」をタップ

メールアドレスの入力

メールアドレスを入力します。

メールが届くので認証しましょう。

パスワードの設定を行ないます。

資産運用方針はこんな感じで決定。

個人情報の登録

続いて個人情報の登録や投資一任などの確認を行ないます。
 1ページ目

2ページ目

6ページ目まであります。スマホでやると少々めんどくさいのでPC推奨。

本人確認書類としてマイナンバーカードもしくは通知カードなど必要なので用意しておいてください。

積立額の設定

毎月の積立額を設定したら最後の手続きが終了です。

THEOは非常に見やすいデザインになっており、ストレス無く開設できました。スマホからだとちょっとタップや入力がめんどくさいかな。

本人確認書類を受取る

後日送られてくる本人確認書類を受け取り、資金を投入したら運用開始です!

1万円をTHEOに入れてみて

今回1万円をTHEOに入れてみて思ったことは、

きしころ
1万円じゃ全然意味無い!

ということです。めちゃくちゃ当たり前でごめんなさい笑

ウェルスナビに130万円入れてたので全然資金がなかったんですよね笑

単純にウェルスナビとTHEOを比較することは出来ないので、今後の運用状況を充分に吟味して判断します。

どちらも素晴らしいサービスなので、早めに口座解説して運用を始めるのが吉です。

ウェルスナビの詳細は以下の記事で解説しています!

詳細は以下の記事で解説しています!

WealthNavi(ウェルスナビ)に130万円投資して分かったメリットや特徴総まとめ

2017.12.01