フリーランスになりたいノースキル文系はエンジニアを目指すべき3つの理由

フリーランス農家のきしころです。

この記事を見ている人は

  1. ノースキル文系
  2. 大学生(社会人3年目まで)
  3. これからのキャリアを悩んでいる

という人が多いのではないでしょうか?

かくいう僕も高校卒業後、海外や日本を旅してただけなのでノースキル文系の学歴なしというポジションを取っていましたが今ではフリーランス3年目になり月収が50万を切ることはなくなりました。

ノースキル文系の方から「フリーランスになりたいんですけど、どうしたらいいですか?」とよく質問を頂くのですが、僕の答えは一択です。

「エンジニアを目指しましょう!」

ということで今回はフリーランスになりたいノースキル文系がエンジニアを目指すべき理由を話していきます。

文系とエンジニア

「エンジニア」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

僕はこんなものを思い浮かべます。

いかにも「文系の自分には無理だ」と拒否反応を起こしてしまう人がいそうな画像ですね。

しかし実際にこのようなプログラミングが文系だから苦手か?と言われるとそんなこともありません。実際に僕も使うシーンが毎日の様にありますがスムーズに使えています。

中学高校と数学の偏差値が40付近だった僕ですらできるのだから、文系だからプログラミングが出来ない。理系だから得意。というのは世の中のイメージだと断言できます。

文系だからといって「エンジニア/プログラミング」と聞いて拒否反応をする人が多いですが、文系/理系は関係ないと思ってください。

エンジニアはずっとPCに向ってプログラミングをしていると思われがちですが、実はコミュニケーション能力がめちゃめちゃ重要だったりするのでそういう面は文系の人が得意ですよね。

ノースキル文系にエンジニアを勧める3個の理由

資格がいらない(実力主義)

断言しますがエンジニアに資格は不要です。

資格を取っているぐらいならポートフォリオを作って見せた方が内定はたくさんもらえます。「これからの時代は資格だ!」なんて血迷ったことを言っている人がいますがエンジニアの世界では一切不要です。

そんな暇があるならサービスやWebサイトを作る中でスキルをあげて見せたほうが100%企業のウケはいいです。僕もプログラミング未経験から勉強し今見ていただいてるブログを作りましたが、このブログを見せるだけで

  1. 整ってるね
  2. 未経験からどのくらいで作ったの?

という様な会話のネタになります。資格は持ってても所詮資格。自分の力を試すにはいいですが就職/フリーランスのために資格は必要ありません。

実力さえ伴えば年収1000万円も余裕なのがフリーランスエンジニアの世界。会社勤めでは中々難しいラインですよね。

エンジニア不足という事実

↑経済産業省が発表したデータ

こちらによるとIT人材が現在91.9万人なのに対し、17.1万人が不足していると推計されいます。10年以上先ですが2030年にはIT人材数が85.7万人なのに対し、不足数は78.9万人に上ると予測。

今後も様々な場面でIT化の影響は避けられなくなっています。

例えば僕もやっている農業にもIT化の流れは来ており、データで管理され生産コストを非常に下げた野菜を作る環境の開発などにエンジニアが動員されています。

日本では多くの人が使っているiPhoneですが、10年前に誕生して以来様々なイノベーションを起こし、人間の生活スタイルを変えてきました。

今後は間違いなくエンジニアが足りなくなってきます。今が売り手市場なんです。

売り手市場を表すかのように、Facebookの元役員も「プログラミングを勉強するなら生涯仕事に困らないことを約束しよう」と言っているぐらいです。

ハマれば強い業種/世界

趣味にすると最強です。こんなサービスを作りたいっていうのがあれば作ってく中で自分のスキルも上がっていくという正のループです。

仕事も趣味も一緒の「ワークアズライフ」が提案されている世の中になってきているので、熱中できる人は最強。男性なら一度は何かのゲームや制作、コレクションに熱中したことがあるはず。

それと同じようなことをプログラミングでも行えば人生イージーモードへの突入です。

実際にエンジニアになる3つの方法

ノースキル文系にエンジニアをおすすめする3つの理由を紹介しました。

この記事を見たところで「実際にエンジニアになるためには何をしたらいいの?」

と思いますよね。そこでノースキル文系がエンジニアになる3つの方法を紹介します。

プログラミングスクールに通う

1番おすすめの方法はプログラミングスクールに通うことです。

1ヶ月10万円程度するスクールもあれば、就職することを前提に0円で通える【完全無料プログラミング研修&就活塾】などのプログラミングスクールも最近は乱立しています。

オンラインで学べるスクールや通学スタイル、マンツーマンなどそれぞれのプログラミングスクールに特徴があります。詳しくはこちらにまとめたので興味のある方はご覧ください。

プログラミングスクールで働く僕がおすすめする23選を徹底比較

2016.12.17

独学で学ぶ

まずは独学で学ぶのもいいですね。Amazonで本を1,2冊買って実際にやってみるといいです。

おすすめは以下の本です。なぜなら僕の上司が出した本だからです笑

身内だから押しているのではなく、僕も読んだのですがすごく分かりやすいんですよね。著者自身がエンジニアではないので、初心者にも分かりやすくプログラミングを噛み砕いて紹介してくれているのがポイントです。

Udemyを使う

独学の1つになりますが、アメリカのシリコンバレー発の学習プラットフォームであるUdemyで学ぶのも手です。

実際に僕も10個ぐらいプログラミングのコースを購入していますが、Udemyは動画の質がめちゃめちゃ高いです。

しかも通常24,000円するやつがほとんどなんですが、いつもセールを行ってます笑

なおかつ中途半端なセールではなく90%以上オフになるセールも日常茶飯事。特にIT系の講座が多いので覗いてみてください。

Udemy公式HPはこちら

まとめ

ノースキル文系がエンジニアを目指すべき3つの理由と方法を紹介しました。

営業や単純な仕事は10年も経てばAI(人工知能)に奪われるという推測もよく聞きますよね。そんな時に失業しないようにAIを作る側に周るもよし、失業してから考えるのもよしですが、売り手市場の今エンジニアにならないのはもったいないです。

自分にあっているかどうかを試すためにCodeCampのようにプログラミングの無料体験を行っているところを試してみるのも1つの手です。

プログラミングの無料体験を受けてみる