「株は怖い!」という認識とリスクを徹底的に排除する2つのルール

フリーランス農家のきしころです。

現在600万ほど株式投資で運用中。一年前は株式投資をしていませんでした。理由は

  1. ギャンブル要素が強そう
  2. 対して儲からなさそう
  3. なんとなく怖い
  4. そもそもよく分からん!

という考えでした。確かに義務教育で株の勉強なんてしませんしなんとなく怖い。というのは当たり前ですよね。

しかし、現在600万円を株に全力投資。いかにして僕がこれらの認識したかを紹介します。

“Aさん”
株なんてギャンブルだろ〜!
と思ってる人は是非読み進めてください。

株がもつ4つのリスク

僕は株が持つリスクは以下の4つだと思っています。

感情コントロールリスク

僕が株で一番リスクだと思っているのがこれです。人間は株相場において感情をコントロールするのに優れていません。

個人投資家の9割が損しているとも言われますが。彼らのほとんどが感情をコントロールできずに損していると僕は思っています。

例えば、年に数回来る暴落(調整)の際、含み損になっても株を持ち続けることができるか。

下記は僕が買っていた銘柄の1つです。真ん中らへん(2月)でドカンと落ちているのが分かるでしょうか?

僕はその1ヶ月ぐらい前で株を購入していました。なので含み損がマイナス30万円とか行ってしまい心が不安定に。何度も売りたくなりましたが、結局元値から15%ぐらい上げてくれたので利確するに至りました。

決算は3月なので、配当金もちゃっかり頂きました。2月の大暴落で売っていたら配当金ももらえないし、マイナス30万円で損切りしていたことになります。

このように、年に数回暴落はあります。その時に耐えられる神経を持っていることが非常に重要です。僕は仮想通貨でマイナス50%(僕の場合500万円)とかを経験していたので、マイナス30万円は人より耐性があったと思います。

資産変動リスク

株価が動くことによる資産の変動リスクですね。今600万円の投資ですが、毎日5〜10万円ぐらいは上下します。その時ちまちま売買しても利益はちょっとです。

そして大暴落が来た時に大きな損をして終わりです。資産変動時に感情をコントロールできるかが超重要なんですね。

流動性リスク

株はいきなり現金になりません。なので余裕資金で行うことが重要。

生活費をぶっこんで一攫千金狙ったとして、まず豊かになることはできないので注意です。

特に暴落時には、売りたくても売れない状況になることだってあります。売りたい人が大量にいて買いたい人がいなかったらそうなりますよね。

倒産リスク

株式会社は倒産します。

決算書をしっかり見ることができればこのリスクはほぼ排除できます。僕はこのリスクを徹底的に排除するため、東証一部上場の会社しか買いません。

株式投資には2種類ある

きしころ
株式投資には2種類あります。

それは

  1. ギャンブル株
  2. ギャンブルではない株

の2つです。説明していきます。

ギャンブル株投資

いわゆる投機的な株ですね。

あるじゃないですか「この株1年後に10倍になってるぞ〜!」みたいなネットの情報。

ああいうのに飛びつきまくる株式投資はギャンブル株です。絶対に上がる株を知っていたとして、ネットにばらまくなんて絶対に僕はしません(そもそもそんなのないけど)。

自分で買う株を決められない人は株式投資で絶対にうまくいきません。ギャンブル株投資はパチンコとなんら変わらないと僕は思います。最初は買ってもいつか痛い目をみるんです。

ギャンブルではない株投資

着実に資産を増やしていく投資です。僕の場合これ。決算書やチャート、事業内容などを複合的に判断した結果購入。上がるまで待ちます。

2018年2月みたいに暴落時、釣られて株が下がることはありますが、戻ってくる確信があったので持ち続け、結果利益を出すことができました。

自分の中できちんとした根拠、ルールがあり、それを守ることができれば資産を増やしていくことは難しくないでしょう。

株のリスクを排除する2つのルール

この2つを徹底することが株に対して怖い。と思うことはなくなります。

なぜ買ったのかを明確にする

何故買ったのか?を明確にしましょう。これがしっかりしていれば将来的に勝つことが可能。

業績は?チャートは?事業内容は?ということを複合的にみて判断することができればいつか勝てます。最初は負けるかもしれませんが、何故負けたのか?ということを検証することで勝つことが出来るはずです。

最初からずっと勝っていける人なんてほぼ存在しません。大事なのは負けた理由を考察し、次に活かしていくことで最終的に勝てるかどうかです。

大暴落に惑わされない心を持つ

強い精神を持ちましょう。リーマンショックのような暴落が起きた際にはさっさと売ってしまうことが大事ですが、多少の暴落なら変な事業や決算してなかったら戻ってきます。自分が買った銘柄を論理から信じて待ちましょう。

まとめ

正直「なぜ買ったのか」ということが明確になっていけば株は怖い。なんて言うことはなくなります。

むしろ「株は怖い」と思ってるなら絶対に株式投資なんてやらないことです。そんな状況で株を買っても勝つことはまず不可能です。

しっかりと自分の中に売買のルールを作って、信念を持って株を買っていきましょう。そうすればきっと将来的には勝てるはずです。

それでも株は怖い。銘柄選びが面倒。という方は積立ていくウェルスナビがおすすめです。

銘柄選びの必要もなく、成長著しい海外の株などに分散投資をしていく形になります。

詳しくは「WealthNavi(ウェルスナビ)に130万円投資して分かったメリットや特徴総まとめ」にてまとめています。

WealthNavi(ウェルスナビ)に130万円投資して分かったメリットや特徴総まとめ

2017.12.01