写真22枚!【肉山神戸】に行ったら究極の赤身フルコースで感激した

フリーランス農家のきしころ(@kagoshimato)です。

普段は肉を買いません。鹿獲ってますから鹿が主肉。鹿ってほとんど赤身肉なんですよ。

こんな感じ。

全然脂ないでしょう?僕脂嫌いなんで赤身しか食べないんですよ。

そんな【赤身】において有名な「肉山」。予約は半年待ちとも言われる本店ですが、各地に支店があり今回は「神戸肉山」に行ってきました。

最高の赤身だったのでレポ。

予約方法

神戸店は食べログから予約できるので僕は食べログの予約ページから予約しました。本店は食べログから予約不可能で「2017年2月1日をもって、当分お電話でのご予約はお休みです。」

となっているのでどのように予約取るか不明。

肉山神戸の外観

通路はこんな感じで結構わかりづらい雑居ビルの中にあります。

通路を進むと右手に見えてきます。

料理内容

肉山はコース料理(5400円)のみで単品の料理メニューはありません。完全おまかせです。飲み放題を付けると+5400円で1人10800円です。今回は一軒目だったため飲み放題は無しにしました。

時間制限2時間なので2時間で7杯とか飲む人は飲み放題にしたほうがよさそうです。

突き出し


席に着くとまず出てくるのがこれ。ミニトマトとキムチ。3種類の薬味。左から

  • ヤンニョムジャン
  • 柚子胡椒
  • 自家製チリマスタード
  • 柚子胡椒は死ぬほど辛いです。まじでほんの少しでいいレベル。キムチは辛くなく美味しいです。

    豚のロースト


    詳しくは忘れましたが豚のロースト。左手にあるアミエビのなんかを付けて食べます。奥にエゴマの葉っぱもありこれが合います。若干脂身がある部位です。

    ここから徐々にお酒が入っていくのでピンぼけに注意。

    豚のローストその2


    先程とは代わり完全に脂のない肉。さっぱりしてます。僕も家でローストをやりますが中々こうはならない。。。

    自家製ピクルス

    お次は自家製ピクルス。僕は酸っぱいものが大っ嫌いなので彼女に全部あげました。感想を求めた所「美味しいです」と言っていました笑

    短角牛のソーセージ

    短角牛のソーセージです。まじで「肉!」って言う感じでした。赤身ばっかなのにぱさぱさになってないのがすごい。勉強になります。

    ここで彼女がワインを飲み始めましたがグラスも「肉」です。

    エリンギ


    赤身ばっかでは無く、野菜もちょこちょこ出てきます。きのこ類はエリンギ。超ビッグなエリンギはジューシーでした。

    短角牛のロースト


    短角牛のローストをわさびにつけて。これも「肉!」って感じですが脂身がないため余裕でぺろり。僕は終始山崎ハイボール飲んでました。

    絶妙な赤身の火入れ。

    ランプ


    5400円という値段ながら最高のランプも踏まえる最強のコスパです。

    カニ


    ちいさいカニ。結構辛いですが酒がすすみます。

    なす


    水なすも超ジューシー。生で食べるのですが大量の雪塩がかかってます。この雪塩は大量にかかったまま食べてくださいね。落とすと塩気がかなりなくなります。全然辛くないので落とさずそのまま。

    鹿のロースト


    ここで僕の主なタンパク源「鹿」の登場。

    「いうことなし」です。ほぼ生で、中は冷たいですが非常に美味しい。相当いい部位です。もも肉かな?

    アスパラ


    アスパラです。


    なんの肉か忘れましたが超うまかったです。これが神戸牛だっけな?笑

    僕の下じゃ判別不可能です。

    締めの選択

    肉山では最後の締めに「カレー」か「卵かけご飯」か選ぶことが出来ます。しかしこの日は「良い中華麺が入りました」とのことで中華麺もありました!

    僕は中華麺、彼女はカレーを注文しました。ちなみに+2160円でローストビーフ丼も注文できますがお腹に自信の無い方は止めておきましょう。ローストビーフ丼は時間がかかるのでコース開始までには頼んでおかないと受け付けてもらえませんので注意

    中華麺


    最強。

    中華麺が入荷してたら絶対中華麺頼んでください。この麺Amazonで定期購入したいぐらい美味しいです。

    カレー


    カレーはまあ、カレーです笑

    正直お腹いっぱいで味わえませんでした笑

    神戸肉山総括

    コスパ、味最強です。たった5400円で最強の赤身肉をお腹満タンに食べれるなんてやばすぎます。

    ちなみにお会計は16,000円ぐらいでした。1人8000円でこの料理を食べて飲めるので最高にコスパいいです。吉祥寺の本店は予約が難しいので旅行の際に行ってみてはいかがでしょうか?

    また行きたいと同時に、僕の鹿料理スキルも上げねばと思わされました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)