【WebCamp】の特徴・評判・口コミを徹底解説

フリーランス農家のきしころ(@kagoshimato)です。

普段はオンラインプログラミングスクールを提供するCodeCampにてプログラミングメディアの運営をしているので日本一プログラミングスクールについて詳しい自信があります!

今回はWebCampの紹介をしていきます。

特徴や評判、口コミなどをまとめてみたので、WebCampでプログラミング受講を考えている方は参考にしてください。

WebCampとは


WebCampはオーダーメイドカリキュラムと通い放題のプログラミングスクールです。

1ヶ月で学ぶ短期のスクールになっていて受講者全員に年収400万円以上の転職保証がついているWebCampPro(Webスク)の短期版といった形のスクールです。

WebCampPro(Webスク)が6ヶ月という長期のスクールなのに対しWebcampは1ヶ月となっており学生が夏休みなどに集中して受けることが多いのが特徴といえます。

カテゴリ 通学
受講形態 通い放題×集中講義
レベル 初心者~上級者
場所 渋谷駅徒歩8分
無料体験・カウンセリング あり
価格 社会人/118,000円 学生/59,800円(税抜き)
時間 10〜23時まで開放
期間 1ヶ月
言語 HTML5/CSS3・JavaScript/jQuery・Ruby on Rails・Ruby・MySQL・AWS 

WebCampの特徴6選

受講者全員オーダーメイドカリキュラム


WebCamp受講生全員にオーダーメイドカリキュラムを作成してくれます。少しプログラミングを学習したことがある人と、全くの初心者ではスタート地点が違うのでこれは嬉しい所。

HTML・CSS・JavaScript(jQuery)といったWebデザインで使うプログラミング言語から、Ruby・Rails・SQLといったWebアプリケーション開発や、データ制御に関わるガチガチのプログラミング言語までを学ぶことが可能です。

ちなみにTwitterが最初に作られたときはRailsが使われていました。

通い放題+集中学習で学ぶ


毎日11:00〜23:00の間、教室を自由に利用することが出来るので、自分のカリキュラムをどんどん進めていきながら、人気のあるスキルや独学が難しい分野を講義形式で学ぶ、集中講座をに参加して理解を深めていきます。

集中講義は毎日様々な分野が開催されているようです。同じような境遇の仲間ができやすいのが集中講義のメリットですね。実際には開放されている教室でも仲良くなれますが、一緒に授業受けると何故か親近感が湧くものです。

1ヶ月という短期間で学べる


WebCampPro(Webスク)が6ヶ月のコースなのに対し、WebCampは1ヶ月と非常に短期で学ぶことが可能です。

しかし、1ヶ月で学ぶのは結構ハードなので、社会人でもフルタイムで働いている人にはおすすめできません。平日は就業後、土日は1日パソコンに張り付いて学習する覚悟があるなら別ですが笑

基本的に1ヶ月丸々時間のある学生にオススメしたいスクールです。ニートやフリーターならオススメできますね。

ママ向けのコースもある


WebCampは他のスクールにないママコースを提供しています。

こちらは受講生の90%以上が初心者とのこと。1ヶ月で自作のWebサイトを作れるようになるのが目標です。実際にママコース受講後にフリーの案件を自宅で受講し、子供がいながらも働くことのできる方が卒業しています。

ママコースを受講される理由は様々で、

  1. 今年で子供が小学校に入り、自分の時間ができたので
  2. 事務の仕事しかできず、転職しようにもスキルがなかったのでWebデザインを学びたくて

などです。

WebCampと学習時間は異なり、

  1. 講義:毎週 金曜日 10:00〜13:00
  2. 通い放題 : 毎日 11:00〜15:00

以上の時間で学習を行います。昼間の時間が空いていて、これから在宅で仕事をしていきたかったり、キャリアアップしていきたい主婦の方にオススメです。

業界人が語る【WebCampママコース】特徴・評判・口コミを徹底解説

2017.08.04

渋谷駅徒歩8分の立地


WebCampWebCampPro(Webスク)と同じ渋谷駅徒歩8分の好立地にあります。

学割がめっちゃ安い

学割がめっちゃ安いです!笑

社会人だと1ヶ月118,000円するところ、学生だと59,800円とほぼ半額!まさに学生のためのプログラミングスクール

  1. 夏休みなどの時間があって
  2. プログラミングを学びたい

という学生はWebCampで学べば間違いないでしょう。

受講開始8日間は全額返金制度もあります。

都内いいるかたはそこそこアクセスがよくておすすめですね。渋谷という立地柄、ITにイケイケのベンチャーや学生が多く活気に溢れた教室で学ぶことが可能ですよ。

WebCampの評判

未経験でも38歳でiPhoneアプリをリリース

1週間自分で勉強して、土曜日に講義にきて、そこで復習と応用を一気にやるんのが、最初はすごいペースだなって思いました。1ヶ月なので、自分の努力が一番重要だなって思います。ただ、それ以上にほぼマンツーマンで教えてもらえるのがすごく良くて、予習したこと+αのところにも踏み込めるので良かったですね。

わからないところを質問したら、簡単に答えを教えてくれずに最初は答えを教えてほしいなって思ったんですけど(笑)、調べ方が身についたので、欲しい機能を自分で調べられる力がついたのはよかったですね。欲しい機能を自分で実装するやり方がわかりましたね。

WebCamp卒業生で現在はトレーナーに

通い放題が良かったです。プログラミングはもちろん勉強しましたが、トレーナーの方 や受講生の方と勉強するのが楽しかったという思い出がほとんどです(笑)

みんなとは今でも連絡をとっています。エンジニアってもくもくとパソコンに向き合うというイメージがありましたが、実際にはエラーの対処法を聞き合ったり、勉強会を開いたりして人とコミュニケーションをとることが多いです。 良い仲間に恵まれてよかったです!

WebCampで学ぶならこんな人!

都内の学生

渋谷にアクセスのいい所に住んでいる学生WebCampで受講すれば間違いないでしょう。メンターも学生が多く非常に親近感がありますし、なんといっても安いです笑

学生というブランドが使える内に学習させてもらいましょう。

文系ノースキルで就職不安」という学生にプログラミングは最適ですよ。

短期間で学びたい人

期間が1ヶ月なのはメリットにもデメリットにもなります。時間が取れないと、全く学習が追いつかないことだってありますからね。

逆に1ヶ月でドカンと学習したい人にはめちゃめちゃオススメです。なぜなら僕も短期でプログラミングを学んだからです

6ヶ月とかだとどうしてもだれちゃうんですよね。めんどくさくなったり、続かない。1ヶ月なら頑張れる気がしませんか?6ヶ月という長期のコースも行っているWebCampPro(Webスク)のナレッジを1ヶ月で学べるのは相当メリットだと思います。

WebCampの料金

WebCampの料金は以下のようになっています。

受講期間 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月
社会人 ¥118,000 ¥198,000 ¥258,000
学生 ¥59,800 ¥118,000 なし

なんといっても学生が非常に安いですねWebCampに通える学生はWebCampで受講するのが得策でしょう。

まずはAmazonギフト券がもらえる無料説明会へ


まずは学校・会社帰りにでも無料説明会に行って質問してみましょう。

今なら無料説明会参加で500円のアマゾンギフト券と、最大13,900円引きのクーポンがもらえることも!

ノースキル文系など、就活を有利に進めたい方は今すぐ行ったほうがいいです!

WebCampの公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)