台湾のKAVALANウイスキーが美味しすぎるので紹介します

オススメプログラミングスクール

ウイスキーを週4で飲んでるきしころです。

美味しいウイスキーを知ってもらうために「ウイスキー飲み始めて4年経ったから初心者におすすめの18選を紹介する」という記事も書いてたりします。

ウイスキー飲み始めて4年経ったから初心者におすすめの18選を紹介する

2017.01.31

今回は最近急激に名乗りを上げてきた台湾のウイスキー「KAVALAN」を紹介します。

実際に台湾にも行ってきたので味は僕が保証します!合わなかったらごめんなさい!

KAVALANウイスキーの特徴

KAVALAN CLASSIC

本来ウイスキーは寒い地方の飲み物。スコットランドやカナダで作られており、アメリカ、アイルランド、日本を入れて五大ウイスキー産地と呼ばれてきました。

そこに名乗りを上げたのが今回紹介しているKAVALAN。世界一権威のあるWWAという大会でグランプリを受賞したことで一気に注目を浴びKAVALANは見事ウイスキー界の黒船になりました。現在は台湾を入れて世界六大ウイスキーと言われます。

ウイスキーは一般的に熟成すればするほど美味しくなると言われます。(値段も上がりますが)

従来のウイスキーで最低でも5年ほどかかるところ、気温の高い台湾では1年半ほどで5年ほど熟成した味わいになるとのこと。

実際に台湾のKAVALAN工場へ行ってみた

ウイスキーが好きすぎて実際に台湾の工場まで行ってきました。こちらは長くなるので別記事で紹介しています。2016年と2018年の2回訪れましたね。

台北まで日本から3時間〜4時間。台北からKAVALAN工場までは約2時間で到着です。

【台湾】KAVALANウイスキー工場見学へ行く方法。行きはタクシー帰りはバスで!

2016.10.26

KAVALANの商品一覧

僕が飲んだことあるKAVALANの商品は、販売されている商品全てです。だてに台湾まで行ってませんからね笑

今回は日本でも購入しやすい商品を4つ紹介します。

KAVALAN CLASSIC

KAVALAN CLASSIC

KAVALANを代表するウイスキー。こちらは

  1. バーボン樽
  2. オーク樽
  3. シェリー樽

などで熟成されています。寒い地方にないマンゴーやトロピカルな風味を感じることができる商品です。

アルコール感はさほど感じられず、かなり飲みやすいウイスキーでしょう。1万円程度と、決して安く無いウイスキーですがこの商品でしか感じられない美味しさはあります。普段高いスコッチウイスキーを飲んでる人がこれに1万円出すかと言われると微妙なところです。

僕は普段スコッチウイスキーを飲んでますが、1万円出してもこれ欲しくなるタイプです。

KAVALANコンサートマスター

先程紹介したCLASSICとは瓶の色が大きく変わります。

ごっつい瓶からは想像が付かないココナッツやチョコの様な甘めのフレーバーです。

甘めのウイスキーが好きな人なら絶対好きなはずです。値段もCLASSICより少し安め。

KAVALAN SOLIST

「ソリスト(独奏者)」はKAVALANの上級シリーズです。

ソリストシリーズはシングルカスクと言って、単一の樽からボトリングされているため強い個性を楽しむことが可能。アルコール度数も詰めた際によって変わってきます。

値段もCLASSICの倍ほどしますが、個性の強いウイスキーを楽しみたい。またはKAVALANの本気をみてみたいウイスキー好きの方に僕はおすすめしています。

KAVALAN ディスティラリーセレクト

ディスティラリーセレクトは、KAVALANが出している最も安いウイスキーで2018年9月に発売されました。

一番安いもので8000円程度するものしかなかったKAVALANですが、ディスティラリーセレクトは5000円以下で買えるというコスパのいい商品。まずはKAVALANの力を見たい方におすすめです。

CALASSIC同様、トロピカルな香りが特徴。僕が飲んだ感じ日本のウイスキー「山崎」に少しバニラの香りを足した感じに思えました。山崎が好きな人は気に入ってくれると思います。

まとめ

ウイスキー大好きな僕がKAVALANのウイスキーについてまとめました。

是非KAVALANにハマって台湾の工場に行ってみてください。日本語の説明はありませんがコーヒーやウイスキーアイスなどもあって楽しめること間違いなし。もちろん試飲もあります!