ノマドの意味とは?実際にノマドワーカーの僕が仕事内容を紹介!

フリーランス農家のきしころです。

僕は現在、このブログ運営や企業からのマーケティング職にっよって生計を立てています。住んでるのは愛知県。仕事の9割は東京から依頼されるので働き方としては「ノマドワーカー」。

以前海外1ヶ月でノマドしてきたので海外ノマドについて詳しくは「【体験談】海外ノマドしてきたので実態や収入、なり方を徹底解説」についてまとめています。

【体験談】海外ノマドしてきたので実態や収入、なり方を徹底解説

2018.08.01

今回は、実際ノマドワーカーしてる僕が、

  1. そもそもノマドとは?
  2. 仕事内容は?
  3. 収入は?
  4. 1日の生活リズムは?

ということについて徹底解説していこうと思います。

ノマドワークとは?

ノマド(nomad)とは英語で「遊牧民」を差します。ノマドワーカーはこれにワーカーをかけ合わせた造語ですね。

IT技術の発達により、オフィスだけでなくカフェや家など、場所を限定すること無く働く人達のことを言います。

僕はパソコン一台とネット環境さえあればどこでも働けるので、ノマドワーカーですね。5年前までは

きしころ
パソコン一台で仕事?怪しいだろ!

と思っていましたが今ではその怪しい側に来ました。しかしやってることは普通のIT企業の仕事なので、全然怪しくないです笑

最近はパソコンだけで仕事をする人が増えてきましたね。クラウドワークスというサービスも、ノマドワーカーが仕事をとるのに最適なサイトの1つでしょう。

ノマドワーカー僕の場合の仕事内容

今回は一例として僕の仕事内容を紹介します。

  1. 企業のブログ運営
  2. 企業の広告運用お手伝い
  3. 当ブログの執筆(この記事とか)
  4. 取材記事の連絡・打ち合わせ
  5. 記事執筆の情報収集(Twitterやニュースなど)
  6. ブログのデザイン改修

などです。ちなみに3年前まで何もできなかったのでたった3年でこれらの業務を最低限習得。ノマドワーカーになることができました。特にIT企業は出社しなくていい企業が増えてきているので、案件取るのも比較的楽でした。打ち合わせも全部オンラインですからね。

こうやってハンモックで出勤したりします。

たまにこういうところから出勤しますが、8割ぐらい家から出勤しています。

ノマドワーカー1日のスケジュール

9時:起床

大体9時に起きます。朝ごはんは食べないので起きたら歯磨きしてそのままPCに向かいますよ〜。見にくいですがこんな感じの作業環境です。

11時:お昼ご飯

ランチは9割外食です。混んでいるのが嫌いなのでオープンと同時になだれ込みます。1000円ぐらいで定食食べてます。

12時:仕事再開

再度仕事に戻ります。家に戻るか、ランチ食べた後カフェに行きます。

9割ぐらいの確率で家に戻ってきます。そんなにお金使ってられませんからね。

15時〜16時:昼寝か散歩かプール

以前昼寝をしないときとしたときの業務効率を図ったことがあるのですが、昼寝した方が断然よかったので昼寝します。

たまにうっかり17時とかまで寝ちゃいます。名古屋の夏は非常に暑いので大体昼寝になります。週に一度、この時間でプールに通っています。徒歩で行ける場所に市民プールがあるんです。

ノマドワーカーは運動不足になりがちです。ずっとパソコンワークなので。意識して身体を動かすようにしてます。

16時〜19時

仕事再開です。

企業とのミーティングはここで入れます。(午前中は真剣な時間なので人と会話したくありませんので)

19時:夜ご飯

夜ご飯は妻に作ってもらいます。妻は会社員なので昼のうちに僕が洗濯と掃除をしておきます。

金土曜日はここで飲みに行けば仕事終了ですがまだまだ仕事する日が多いです。

20時〜22時:趣味の時間

“友人A”
趣味は?なんかないの?

ってよく言われるんですが、あんまりなかったんですね。それこそこのブログ書くぐらい。書いてて楽しいしお金にもなるので最高です。

ブログ以外の趣味を探していたところ、ギターがあったのでギターを始めました笑

他にこの時間で、次行く旅行先(もちろんノマドしに)を調べたりしますね。やっぱ趣味の時間もパソコン触ってることが多いですね。

22時〜:仕事の整理

もうこの時間になると頭が疲れてるので仕事の整理です。明日行う作業を明確にしたり、企業との連絡に使います。創作作業は無理です。

終わり次第ゴロゴロしながらTwitterや情報収集して就寝です。

1日休みの日はない

ノマドワーカーはどこでも仕事ができてしまうため、ここ3年で1日まるまる休んだことはありません。

風邪引いた日でもスマホで企業と連絡とったり、寝れないので情報収集しちゃったりしてますね。本当に良くない。なので今年はもっと休むことを意識して生活していきます。

僕の収入


いやらしい話ですが、僕の場合大体月収100万円ほどです。

しかもこれ、何がすごいってほとんど原価がないことなんですよね。つまり、飲食店で100万円売り上げたら手元に残るのは30万とかなんですが、パソコンで資源を生み出しているので95万円ぐらい残っちゃうんです。

そこでやばいのが税金ですね。。。たんまりもっていかれます。

さすがにノマドワーカー全員が100万円以上稼いでることはないのですが、それぞれ何かしらのスキルがあってノマドワーカーやってるので平均年収は高めです。

フリーランスエンジニアなんかは、平均年収800万とも言われますからね。完全ノマドのフリーランスエンジニアばかりとはいいませんが、これからノマドするエンジニアは増えると予想しています。

フリーランスエンジニアに成りたい方は「プログラミング未経験の人がエンジニアになるたった1つの簡単な方法」もご覧ください。

ノマドワーカーの職種

ノマドワーカーの職種はいくつかありますが、ほとんどの場合にパソコンを必要とします。

  1. ブロガー、アフィリエイター
  2. エンジニア
  3. デザイナー
  4. ライター
  5. コンサルタント

などですかね。あと株の売買とかFXもノマドワーカーになるのかな。これもパソコンが必要ですよね。

まとめ

ノマドワーカーの意味や生活実態、収入をまとめました。

今からノマドワーカー目指すなら一度フリーランスエンジニアを目指すのがおすすめ。理由は

  1. 年収が高い
  2. ノマド出勤が当たり前になってきている
  3. 売り手市場(人材不足)

ということです。プログラミング未経験の方がフリーランスエンジニアになる方法は「プログラミング未経験からフリーランスエンジニアになる具体的な3つの方法」で紹介しているので合わせてご覧ください。