【2017最新版】ITエンジニアが登録すべき転職エージェント厳選6選

フリーランス農家のきしころです。

この記事を見ているITエンジニアの方は

  1. そろそろキャリアを積むために転職したい
  2. 今の会社がブラックすぎるためホワイトな会社に転職したい
  3. この際流行りのフリーランスになって自由に働きたい!
  4. 転職ってなんかちょっと不安だしネガティブなイメージがある

などと考えている人が多いのではないでしょうか?そして転職に関してネガティブなイメージが強いため中々一歩が踏み出せない人が多いのでは?

今転職をする、しないに関わらず自分のキャリアを考えるのに早すぎるということはありません。逆に年齢を重ねてからでは遅すぎることも。。。

今回は、日頃IT業界でエンジニアと関わっている僕が、ITエンジニアが転職するために知っておきたいメリットとデメリット、オススメの転職エージェント6選を徹底解説します。

フリーランスエンジニア向けのサイトも合わせて紹介しているので、この際フリーランスになりたいと少しでも思っている方は登録してみてください。素晴らしいサポートを受けることができますよ。

フリーランスになると場所を選ばず出社できるので僕はフリーランスをおすすめします。↓この前キャンプ場から出社してみました。

転職する/フリーランスになる2つのメリット

エージェント紹介の前に転職する/フリーランスになるメリット2つを紹介しますね。

自分に有利な条件の企業を選べる

メリットとは少しずれ、20代など若い場合に限りますが、「若くて伸びしろがある」という理由で自分に有利な会社を選ぶことができます。スキルはあれど年齢を理由に断られることは少なくありません。

なので転職やキャリアを考えるのに早いということはないんですよね。

IT業界の企業は若い人材を求めているので、20代というだけでかなり転職に有利な条件となります。

キャリアを上げていくことが可能

転職/フリーランス共に、キャリアを上げていくことが可能です。

IT業界にいるならご存知かもしれませんが、業界全体で非常に人材が不足しており、猫の手も借りたい状況の企業が多いでしょう。

そんな業界で転職しキャリアを積んでいくことは、将来的に非常に有利なキャリアを築くことができます。転職先で新しいスキルを身につけることで、ステップアップのチャンスを掴めるようになることもありますね。

転職/フリーランスになるたった1つのデメリット

次にデメリットです。デメリットは1つだと僕は思います。

転職の回数が多いと不安がられる

あまりにも転職の回数が多かったり、前回の転職から3ヶ月など非常に短い期間での転職は不安がられることもあります。逆にフリーランスの期間は長くても不安がられることは少ないです(しっかり実績さえあれば)。

しっかりと転職先の雰囲気やキャリア、仕事内容などの認識を揃えておくことでこの様なリスクは排除できます。なので次に紹介する信用できる実績のあるサイトで転職/フリーランスになるための準備をすることが大事なんです。

オススメITエンジニア転職エージェントTOP6

ということで、IT業界で転職する人も見てきた僕がオススメする信頼できる転職エージェントを紹介しますね。案件の違いがあるので、2つか3つぐらい登録するといいです。

第1位:レバテックキャリア

ITエンジニアの転職業界で、最も力のあるサービスがレバテックキャリアです。レバレジーズ株式会社が運営しており、取引企業数4,000社、登録者数は46,000人を
越えています。

求人サイトの場合、案件の保有数が多い=サービスの質は高いので、4000社を越える取引企業数を誇るレバテックキャリアはITエンジニアの転職で最も信頼できるサービスだと言えるでしょう。

企業へ紹介するエンジニアの質も高いからこそ、企業側もこぞってレバテックキャリアに求人を依頼するんですね。

エンジニア・クリエイター専門の転職サービスのため、転職の相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーの方に専門用語を話しても問題なし。

なんと現役エンジニアの方もアドバイザーとして勤務されているのでエンジニア目線できめ細かいサービスを受けることが可能です。

また、模擬面接を行なってくれたり、職務経歴書の添削もしてくれます。同じスキルでも、企業によって評価するポイントが異なるため、蓄積されたノウハウから添削してくれるのは非常に嬉しいですね。

紹介先企業も優良企業が多く、本気で転職したいならまず登録すべきサイトです。もちろん登録から転職まで完全無料です。

フリーランス向けのレバテックフリーランスも運営しています。

主な転職先はこちら。

レバテックキャリアのHPはこちら

第2位:ギークスジョブ

ギークスジョブは日本最大級のフリーランスエンジニア専門エージェントです。

フリーランスエンジニアならまず知っているサイトで、登録していない人は少ないでしょう。

なんといっても6000件以上の案件数と9000人のフリーランスエンジニアを抱え、ほぼ国内最強のフリーランス向けエージェントです。

フリーランス向けエージェントとしては珍しく、東京だけでなく、愛知県や大阪、福岡にもオフィスを展開。地方の方にもフィットするサービスの1つ。

登録者のリピート率は驚異の90%を誇るほど、クライアントとフリーランスのどちらにも愛されているエージェントです。

しかも、通常フリーランスでは、60日サイトが多いなか、ギークスジョブなら、翌月25日に報酬を受け取ることが可能。翌々月の末払いなんてサイトも多い中ギークスジョブ
はすごいですね。

支払いも異常に早い

先にフリーランスにお金を払ってしまい、後から企業に請求するという形式をとっているからこそできる技です。ギークスジョブ自体スマホゲームなどが好調なためお金持ってるんでしょうね〜。

羽振りの良い企業と付き合うに越したことはないですね。

更に技術関連のセミナーやフリーエンジニア向けの節税対策などを開催。ギークスジョブの無料スペースで行われるのでフリーランスの仲間ができたりするのがいいですね。

特にフリーランスなりたての人にこれは嬉しいサービスの1つ。情報交換の場として積極的に使いましょう。

福利厚生がすごい!


ギークスジョブに登録しているエンジニアは「フリノベ」という福利厚生サービスを利用することが可能です。

  1. オンラインコミュニティへの招待
  2. 副業サポート
  3. 英語学習サポート
  4. 確定申告サポート
  5. 婚活サポート
  6. ヘルスケアサポート

などなど非常に多く、エンジニアとしての業務だけでなく、ライフスタイル全般をフォローしてくれます。

これらのことから、フリーランスエンジニアは登録しておくべくサイトの1つだと胸を張っていえますね。

ギークスジョブのHPはこちら

第3位:WORKPORT

WORKPORTは転職相談実績25万人、常時15000件以上の求人を誇るIT・Web系の求人に強い老舗の転職エージェントです。

10年以上、IT専門でやってましたが今では総合型エージェントに変貌しました。

  1. 東京(大崎)
  2. 横浜
  3. 名古屋
  4. 大阪
  5. 福岡

にオフィスがありサポートも抜群。数ある中でも案件紹介対応の速さに定評があり、今すぐ転職先を紹介して欲しい!という方におすすめできます。

しかし、ITエンジニアに特化しているわけではないので、キャリアをじっくり考えたい方や、転職を急いでいない場合はそこまで登録する必要はないでしょう。

逆に超ブラック企業で働いてて今すぐ転職したい場合は必須で登録です。一気にたくさんの案件を紹介してくれますが、くれぐれも次の就職先がブラックだということがないように慎重になるべきところは慎重に。

WORKPORTの詳細はこちら

第4位:ギークリー

ギークリー
はゲーム業界に特化している転職エージェントです。求人数は6000件を越えます。

特にITエンジニア系の案件は多く、登録から転職までの流れもスピーディです。

ギークリー
に登録すると結構早めに電話がかかってきます笑

面談の日程を調整し、オフィス訪問、今までの経歴ややりたいことなどを話した後、求人を紹介してもらう流れです。オフィスは渋谷にあり今時の企業という感じできれいです笑

上場間近企業の案件から大手企業など、他にはないレアな非公開案件を数多く保有しています。
ゲーム業界を強く希望する場合は必ず登録しておくべきエージェントですね。

年収1000万円の案件ならいくつかHPでも公開されているので見てみると良いでしょう。

ギークリーの公式HPはこちら

第5位:ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランス
はフリーランス専門のエージェントです。

エンド直・元請け案件を中心に案件紹介をしているので、案件が決まるまで最短1日という迅速な対応。平均的に2週間あれば複数の案件から選べるようになっています。

エージェントも現役エンジニアで技術に対して明るいのも特徴ですね。登録画面もほんとに30秒で終わります。

ポテパンフリーランスの公式HPはこちら

第6位:TechClips

TechClipsは現役エンジニアによるサポートをしてくれる首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)向けのITエンジニア転職エージェントですね。

必ず現役エンジニアによるサポートをしてくれるのが特徴。

ITエンジニアに特化したエージェントで長年の実績があるため大手・ベンチャー問わず関東では太いパイプを持っています。

TechClipsで転職が決まった場合月給の1/3(最高20万円)のお祝い金がもらえるのも嬉しいですね。

TechClipsの公式HPはこちら

番外編:Startup


Startupはスタートアップに特化した転職エージェントです。

スタートアップにjoinしたい方は登録するといいでしょう。しかし、いざスタートアップに転職となると判断が難しいのが事実。安定とはかけ離れた世界といえますからね。

各企業の社長やCTOと話せることが多いので、通常の転職に加えて余力がある方は見てみることをおすすめします。

Startupの公式HPはこちら

番外編:テクノウェイブ

テクノウェイブは派遣エンジニア専門のエージェントです。

派遣エンジニアからフリーランスになる方も多いのでそのようなキャリアを描いている方は登録しておくとよいでしょう。
テクノウェイブのHPはこちら

2,3個登録がベスト

ITエンジニア向けのおすすめ転職サイトと番外編でスタートアップ系、派遣エンジニアのサイトも紹介しました。かといってむやみやたら全部登録する必要はありません。

僕の経験上1つのサイトでは案件に偏りが出たりするのでフィーリングに合ったものを2,3個登録するのがいいでしょう。

同時に2,3個登録しておけばまず転職/仕事が決まらないなんてことはないでしょう。登録した場合電話やメールが来るので必ず応対しましょう。転職サイト側も暇じゃないので連絡がより早く付く人を優遇するのは当たり前ですからね。

転職や独立は避けられない時代

自分が転職や独立を望んでも望まなくても、今20代のエンジニアに転職/独立は避けられない時代が訪れています。何故なら企業の寿命は伸びないから。決して長くはありません。

20代の若手エンジニアがこの先30年同じ会社で働き続けることが難しい時代がすぐそこに来ています。こんな時代だからこそ、転職や独立に慣れておく必要があるんですよね。

会社で働いてる多くのエンジニアは自分の市場価値を過小評価しています。まずはギークスジョブに登録して自分を客観視してみてください。

もしあなたが、あと30年働こうと思って40歳でクビになったら人生詰みます。そういうこともある程度予想した上で転職など、若いうちからキャリアを考えておく必要があるでしょう。

最初にもいいましたがキャリアを考えるのに早いことはありません。しかし、遅いことはあります。遅かった場合取り返しは効きません。IT人材が不足する売り手市場の今、転職/独立を考えてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)