本に特化したフリマアプリ。ブクマ!の賢い使い方とは?

オススメプログラミングスクール

  1. 侍エンジニア塾の詳細公式HPへ:当メディア経由で入会料10万円無料!)
  2. CodeCampの詳細公式HPへ:無料体験受講で1万円オフ!)
  3. テックアカデミーの詳細公式HP:割引情報へ
  4. TECH::BOOSTの詳細公式HP:割引情報へ
  5. GEEK JOB公式HPはこちら:就職におすすめ!)
  6. WEB CAMP PRO公式HPへ:就職保証あり! )

提供:Labit Inc.

昨今スマホで出品できるフリマアプリが人気ですよね。実は先日、「本に特化」したフリマアプリ「ブクマ!」が誕生されたのってご存知ですか?
まだ誕生して間もない「ブクマ!」。実際に購入と販売をしてみたので、

その使い心地と賢い使い方を徹底レビューしちゃいます!

以前はIOSのみでしたが、Androidもリリースされブクマ内における本の出品数はうなぎのぼりみたいですね!
本好きな人は早速ダウンロード!しておいて損はないと思います!

最新のフリマアプリ。ブクマとは?

数あるフリマアプリの中で、本だけを出品できるフリマアプリです。重要なことなので2度言いますけど、本に特化しているフリマアプリなので、本以外出品出来ないぐらい本に特化しています!

f:id:kishikoro:20161202185001p:plain

もちろんコピー本の販売も硬く禁止されています。

本に特化しているからこそ、買う側、売る側にたくさんのメリットがあるのでそれぞれのポイントをまとめて紹介しちゃいます。

ブクマで本を売る方法

本をたくさん持っているけど、今までのフリマアプリだと大量に出品するのも時間がかかるし、中々高く売れない。

このような悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか?

しかし、ここで本に特化している「ブクマ!」の出番です。

他のフリマアプリとどう違うのか?

すごく気になりますよね!

本をたくさん持っていて売りたい方や高く売れずに悩んでいる方の為に徹底解説しちゃいます!

最大の特徴!10秒で出品できるバーコード出品システム!

フリマアプリって、

写真を撮影して加工して、文言を付け加えて色々したりと。

とにかく出品に時間がかかってしまうのが億劫ですよね。

そんな手間を極限まで減らしたのが「ブクマ!」オリジナルのバーコードで出品できるシステム。

本のタイトルを入れる手間だけでなく、本の状態はバーコードで読み取り後、

  • とても良い
  • 良い
  • 難あり

の4つのステータスから選ぶことになっていて、

本の画像も自動で用意してくれので撮影の手間がなく嬉しいです。

バーコード出品画面

本の背面にある「978」から始まるバーコードを読み込むのですが、

読み込みスピードがバーコードを読み取る瞬間の画像がスクリーンショット出来ないほど早いです。

コンビニのレジぐらいの早さなんです。

バーコードで読み取ると本の

  • タイトル
  • 表紙
  • 出版社
  • 著者
  • 新品価格

を全て自動で入力してくれます。

出品画面

バーコードを読み終えると出品画面に移ります。

ここで商品の状態と値段と文言を加えて出品しますが、文言が決まっていれば本当に10秒で出品できてしまうほど出品が簡単なんです!

1冊だけ出品の場合はご自身で撮影された写真を挿入することはできません。

まとめて出品のみ3枚まで写真を挿入することが可能です。

26の多彩なジャンルから出品できる

さすが本に特化しているフリマアプリなだけあり、26種類の多彩なジャンルから出品・購入が可能です。

本が大好きという方は、好きなジャンルの本を見るだけで時間が経ってしまいますね!

実際にブクマ!で本を売ってみた

バーコードで簡単出品

一瞬で読み込んでくれるので楽ちん。

ブクマのバーコードシステムは本当に便利です。

値段等の設定

バーコードで読み込んだら価格と商品状態を決め、コメントを挿入します。

本が売れた!

出品して少しして本が売れました!

やりとりはチャット形式なのでスムーズに行なえます。

もし必要ならここで本の写真を送ることも可能です。

発送

ここまで来たら梱包して発送するのみです。

今回はクリックポストで発送するので家で封筒に入れて印刷した伝票を貼り付けてポストに入れるだけ。

超簡単です。

ブクマで本を買う方法

本を売るのが他のフリマアプリと比べて非常に簡単なのがお分かり頂けたでしょうか?次は本が欲しくてたまらない、ある本を探しているという方の為に「ブクマ!」での本の買い方を徹底解説します!

売る側だけでなく本を買う側の人へのメリットもすごいんですよ!

買う時に気になるのって、本の探しやすさ。ですよね。

「ブクマ!」は基本的に出品がバーコードを使った出品になるので、

本のタイトルが正確なんです!

変に省略されたりといった事がないので、欲しい本のタイトルを検索することで出品されている限り必ず検索できるんです!

売る側も楽だし買う側も楽なバーコード出品システム。

すごくないですか!?

出品お知らせ機能

こちらもすごく便利な機能です!

欲しい本を検索した際出品がなかった場合、「いいね」しておくことで出品があった際に通知を受け取ることが出来るのです!

これでいち早く購入することができるので、とても便利な機能ですよね!


同じ本でも複数出品されている場合、最安値の出品者を自動で検索してくれるのも非常に便利です!

例えば以下の「進撃の巨人20巻」の場合、複数出品されていたのですが、自動で370円の出品があることを教えてくれたのです!

少しでも安く買いたいという人がフリマアプリには多いので、非常に素晴らしい機能ですよね!

実際にブクマで本を購入してみた

欲しい本を探す。

バーコード出品されているので非常に検索が楽でした。今回はワンピースの83巻を探していたので「ワンピース」で検索しました。こんな感じで予測して本を探してくれるのも楽ですね。

最安値を探して購入

本の状態を確認して最安値で購入しました。ワンピース83巻が数冊出品されていましたが、自動で最安値を探してくれるこの機能は非常に便利でした。

チャット形式で楽なやりとり

他のフリマアプリ同様、ブクマ内もチャット形式で楽にやりとりができます。

本を出品するなら絶対ブクマ!

以上、ブクマを使って買う側売る側にとってのメリットを徹底解説してみました!いかがでしたか?既存のフリマアプリよりも出品も購入も非常に楽ですよね。本に特化しているからブクマ!だからこそのメリットがお分かりいただけたでしょうか?

個人的に使ってみて特に一押しは、なんといってもバーコード出品システムですね。あれは本当にすごいです。なんといっても読み込みがコンビニのレジ読み込みぐらい早いです。写真にこだわる必要がないので、照明なども考えずに出品ができます。

なんなら寝転びながらでも出品できてしまう最強のシステムだと感じました。今後はユーザーも加速していく事が予想され、絶版になった本や古本屋を巡っても見つからなかった本が簡単に見つけることの出来る状況になりそうですね。

「ブクマ!」の累計出品数が20万冊を越え、Androidもリリースされたようです!

ダウンロードはこちらからどうぞ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)