【1日33円で飲める】老眼用のおすすめサプリは「めなり」一択な4つの理由

オススメプログラミングスクール

フリーランス農家のきしころです。

突然ですが、

きしころ
僕の家計はめちゃめちゃ視力がいいんです。

僕(26歳)も未だ2.0と健在。父(53歳)も1.5ほどあるようで普段はメガネをかけていません。祖父母も1.0ほどあるようで普段から裸眼という化物じみた視力の家計です。

しかし、こう視力がいいと絶対に割けては通れない道。それが「老眼」です。

祖父母はもちろん、父も新聞などを見る時には眼鏡が必須。僕はまだそこまで老眼を感じていませんがいずれ訪れるその時に向けて対策をしています。

その対策が、今回紹介する目のサプリめなりです。

父にも飲んでもらいましたが非常に目が楽になったということで、めなりの老眼への凄さを紹介していきます。

ちなみにこれがめなりです。

他社を圧倒するビルべリーの配合量

「目に良い」と聞けば、日本でもおなじみになったブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」ですよね。

ブルーベリーに含まれる紫色の色素がアントシアニン。眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。僕も目が疲れた時はブルーベリーを食べていたことがあります。

めなりに使われているブルーベリーは「ビルべリー」という品種で、既存のブルーベリーの6倍ものアントシアニンを含んでいます。

他社商品だと、様々な品種のブルーベリーを配合して作っているのもあるのですが、めなりはこのビルべリーを100%配合。

また、既存のビルべリーではなく米国で特許取得した特別なビルべリーを使用。既存のビルべリーよりアントシアニンの吸収率が2倍となっています。

体内生成不可のルテイン・ゼアキサンチンを多く配合

日常的に利用することが多くなったスマホから発するブルーライトから目を守る「ルテイン」や、抗酸化作用の非常に強い「ゼアキサンチン」を目のサプリトップクラスに配合。

ルテインとゼアキサンチンは緑黄色野菜などに多く含まれていますが、体内生成は不可能な色素。外から摂取するしかないんですね。食材かサプリだけになります。

ルテインとゼアキサンチンは、タンパク質の様に体内で必須な栄養素ではありませんが機能性が注目されているんですね。

科学的な研究も進んでおり、ルテインは1日10mg、ゼアキサンチンは2mg摂取するのが目にいいという研究結果も出てきています。

機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠

めなりは1日2粒の摂取でルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mgを摂取できるのでこれだけで1日の必要量に届くんです。

15日以内の返品が可能

めなりは15日以内の返品が可能となっています。

僕がめなりを飲みはじめて効果を得られたのが2週間ぐらいなので、企業としてはかなり絶妙なラインを取っていますね。

それにも関わらずめなりのりピーと率は93.9%となっているんですね。

多くの人が目の疲労回復を実感している証でしょう。

初回限定77%OFF!1日33円で効果を実感できる!

今なら初回限定で77%OFFで購入可能です。

1日にするとたった33円。アイスやコンビニコーヒー1個我慢すれば3日分飲めます。試してみる価値はある値段だと思いませんか?

スマホやパソコンなど、数十年前はなかった製品が登場し、テレビと比較しても目に近いところで使うようになりました。目が悪くなってしまえば日常生活がつまらなくなるどころか、困ることも出てくるかもしれません。

予防的な側面で僕はこのめなりを飲み続けようと思います。