【宿泊記】ハイアットリージェンシー沖縄那覇に二連泊してきた

侍エンジニア塾

毎月1つ高級ホテルに泊まっているフリーランス農家のきしころです。

今回は沖縄。国際通りほど近くにある「ハイアットリージェンシー沖縄那覇」への宿泊記事です。2015年8月にオープンした新しいホテル。18階建ての建物に294室の客室から成ります。

少し高台にある18階建ての建物だということで、夜景はバツグンに素晴らしいです。カップルでいくのがおすすめ。

写真28枚で詳しく紹介していくので沖縄で泊まる際の参考にどうぞ。今回は素泊まりでご飯は全て外食としました。

※ 掲載している写真は2018年10月22日〜24日に撮影したものです。最新情報は公式サイトでご確認ください。

ハイアットリージェンシー沖縄那覇の場所

ハイアットリージェンシー沖縄那覇(以下:ハイアット沖縄)は国際通りから3分ほどの中心地に位置します。

ほんの少し国際通りから坂を登ったところにあるので、中心地が近いながらも静かなステイが可能。

沖縄空港からのアクセス

沖縄空港からのアクセスは3種類。タクシー(車)かホテルの有料送迎、モノレール経由での徒歩となります。

タクシーの場合は20分ほど、約2000円で到着します。

車で行く場合は1日1,500円の駐車場が用意されています。

僕はモノレールで近くの「牧志駅」まで行って歩きました。牧志駅からは7分ほどで到着。

沖縄空港から牧志駅までは16分。300円です。 モノレールでは切符をQRコードで読み込むので間違えないように。なお本州で使われているICカード(ICOCA等)は一切使えません。

チェックイン〜客室

チェックインは15時から可能です。ロビーにある大きな壺のようなもの。10月22日にチェックインしましたが、空いているようでチェックインで待つことはありませんでした。

天井が高くてキレイ。

2階から撮影しました。高い天井は開放感があっていいですね。

今回の部屋は809号室でした。展望は市内(西)の方を向いているようです。

ベッドはツインベッドです。予約時にキングサイズが見つからなかったのでツインにしました。

アメニティはアメリカセレブ御用達のファーマコピアです。これで2000円ぐらいする高級なやつ。

化粧落としはなかったので女性が宿泊する際は持っていくと良いでしょう。化粧水や乳液もないので乾燥する方やケアしてる方は持参推奨です。(近くにドラッグストアも多いので購入可能)

コップも琉球ガラスを使用しているようです。

お風呂とトイレはこんな感じ。

ドリップコーヒーもインスタントですが飲めます。

グラス類も完備です。

沖縄要素をいたる所に結構だして来ます。

ベッドの頭上にあったこいつはなんなんでしょうか?

窓際ソファは晴れると清々しい景観です。

夜景を見に18階のバーへ

夜になると外は夜景に切り替わります。

部屋が8階とあって夜景が分かりにくかったので、写真撮影のために18Fのバーに行ってきました。

18Fともなると景色がかなり変わります。

「ハイサイ」というバーオリジナルカクテルを頼みました。(1,300円。税サ別)

バーでは20時半から1時間毎に3回、ピアノの生演奏があります。いい雰囲気でしたが僕の他にはベロベロに酔っ払った欧米人が4人いただけでした。

宿泊者専用プール&ジャグジー

ハイアット沖縄では、宿泊者専用プールがあります。水着のレンタルも無料です。

10月24日の朝9時(27度)に行きましたが、水が冷たすぎて入ることができませんでした笑

ここにゴロンと寝転がってスマホ触ってました。日差しは普通に暑いです。

寒いのでジャグジーに入って出ました。夏は人が結構多いのかもしれません。

水着専用脱水機を利用しました。本当にものすごいカラッカラになります。

ジムへ

続いてジムです。こちらも宿泊者専用。靴下やパンツなどフルレンタルが可能です。

プールとジムの更衣室には、部屋にない化粧水などが用意されていました。部屋でもリクエストしたら持ってきてくれるのかもしれませんね。

更衣室はめちゃキレイでした。

宿泊料金

僕の場合10月後半の2連泊で約4万円でした。夏や土日の場合はもっと高くなります。逆に一番安くて1泊15,000円ほど(素泊まり)になるみたいです。

料金確認・宿泊予約

公式HPよりもじゃらんなどを使ったほうが安い場合もあります。タイムセールのプランなども良く表示されるので時間を取って色々見てみましょう。