フリーランスの健康診断は【おうちでドック】がおすすめ!実際に購入してみた

きしころがあなたの相談乗ります!

当ブログ限定!侍エンジニア塾の無料体験受講できしころが相談乗ります!未経験からフリーランスエンジニアになりたい人は、この機に専属コンサルタントに相談してみよう!

フリーランス農家のきしころです。

フリーランスなのでもう6年間も健康診断に行ってなかったんです。でもなんだかんだ健康って大事なもの。去年53歳で父が膵臓炎を発症してICUに入院したんですよね。そこで健康意識が高まりました。

でも、フリーランスって健康診断どうやって受けていいか分からないんですよ。

  1. 国民保険の場合、どう健康診断を受けるのか分からない
  2. 自宅で簡単にできたらいいのに
  3. 献血で良くない?

といろんな情報が錯綜するわけです。ちなみに僕は採血針を体に刺した瞬間ぶっ倒れる「迷走神経反射」を持っているので針はなるべく避けたいもの。

この前は

きしころ
献血行けば無料で血液検査してくれる!

と思い献血に行こうとするも、献血のこと考えるだけで気持ち悪くなってきて断念しました。ほんと針苦手。

そんな救世主になるのが今回僕が使った「おうちでドック」です。

自宅で簡単にできるというのが素晴らしく、実際に購入してみたので参考にしてください。

本格的な検診もいいが、検査キットでもある程度代替可能

僕は友人に医者がいるので、健康に関することは基本彼にLINEで相談しています。

最近は予防医療の分野がよく議論されるようになりましたが、今回使ったキットや献血などで引っかかったら行けばいいなと今は思います。

もちろんできればしっかりした検査を毎年受けるのは大事だと思いますが、フリーランスはどうしてもめんどくさくて行く回数も減りますよね。そんな方におうちでドックはおすすめです。

おうちでドック3つの特徴

おうちでドックの特徴は全部で3つあります。順に紹介していきますね。

なんといっても家で気軽にできる

これが最強です。まず病院に行くのがめんどくさすぎます。予約とか良くわからないですし、パッとできるのはすごい。

家でできるのに人間ドックと同等水準の検査が受けられるようになっているんですね。

健康診断やがん診断、人間ドックと違って予約不要というのが僕に一番フィットしました。今後は病院予約がネットで全てできるようになると楽ですね。

料金が安い

健康診断に比べて料金は高くなりますが、人間ドックと同等の検査としては半額以下でチェックすることが可能です。

料金は以下のようになっています。ご家族セットは男性と女性が1セットずつ入っているものです。別々に買うより3000円ほどお得です。

  1. 男性用:21,384円(税込)
  2. 女性用:21,384円(税込)
  3. ご家族セット:38,491円(税込)

アフターフォローが充実

おうちでドックを使ってなにか引っかかった場合や詳しく知りたい場合、医師から詳しく聞くことが可能。万が一がんの検査結果が基準値を越えていた場合今後の流れや専門医を紹介してくれたりします。

おうちでドックを実際にやってみた

実際にやってみました。おうちでドックは小さな針をプスっと刺すのですが、自分じゃ怖かったので本物の医者(友人)を呼び寄せてやってもらいました笑

ちなみに撮影は看護師にしてもらっているという、この日本で多忙な2業種の無駄遣いを決行。血液の話とか手術の話とかしてて気持ち悪くなりました。

実際に針をさすところ。

針を指して採血し終えた所。血はほんのちょっとしか出ていないのが分かりますでしょうか。

刺すシーンはこんな感じです。ほぼ痛みを感じません。

ポスト投函し検査結果は2週間後に

採血を2本、検尿を1本送って検査結果が2週間後に届きます。

僕の結果は特に問題なしでした。

血糖値が若干飛び出ていますが、

医者友人
そんなもの高いうちに入らんよ

とのことだったので問題なし。

フリーランスは健康診断を今すぐ行うべき

僕がフリーランスなので周りもフリーランスが多いのですが、健康診断へ定期的に行ってるフリーランスはまずいません笑

みんな20代と若いのもあるでしょうが、健康は第一。特にフリーランスは病気で倒れてもなんの保証もなく売上が立たない場合生きていくのが苦しくなります。

おうちでドックの場合は家で手軽にできますし、何より無料でできる献血ではチェックしてもらえないがんがチェック出来ます。

僕の家計はがん家系でなかったので今はまだ心配していませんが、がん家系の方は献血でなくおくちでドック、または人間ドックへと申し込みましょう。



きしころがあなたの相談乗ります!

当ブログ限定!侍エンジニア塾の無料体験受講できしころが相談乗ります!未経験からフリーランスエンジニアになりたい人は、この機に専属コンサルタントに相談してみよう!