少額投資フォリオの評判・特徴を資産1000万の27歳が徹底解説します

最小限のリスクで投資をはじめてみませんか?

FOLIO

手数料ゼロ・少額から株式投資ができる「FOLIO」
プロが厳選したテーマが用意されているので、投資の知識がない人も安心してはじめられます。
今なら1万円から始められるキャンペーン実施中!

資産がやっと1000万円越えたフリーランス農家のきしころです。

僕は以前ロボアドバイザーのウェルスナビを使って投資していました。こちらは130万ほど。

ウェルスナビについては投資初心者にウェルスナビをおすすめする3つの理由という記事で詳しく紹介しています。合わせてご覧ください。

投資初心者にウェルスナビをおすすめする3つの理由

2018年8月2日

現在は個別株のみの投資で約1000万近くを運用している26歳です。45歳で4億円目指してます。

今回は分散投資の1つ、FOLIOを紹介します。

ウェルスナビが米国株や金などをバランスよく買うのに対し、FOLIOはテーマ(業種など)別に買っていくスタイルの投資ですね。

特徴や評判、また

投資で悩む人
本当に儲かるの?

という方へ向けて実際僕の目からみてどうなのかを徹底解説していきます。

2020年4月24日まで手数料無料という大サービスを行っています!他のロボアドバイザーと比べてるぐらいなら今すぐ口座開設した方がいいほどのキャンペーンなので是非口座開設して投資を初めましょう!

フォリオの基本情報

FOLIOは10万円から気軽にテーマ投資ができるサービスです。

ウェルスナビは米国株などを自動で個人のバランスとって買うのに対し、

  1. VR
  2. ペット
  3. 京都
  4. コスプレ
  5. お酒
  6. アンチエイジング
  7. 寿司

などのテーマ(企業)別に投資していきます。なんとなく興味がありそうなものを買うことになるので、ウェルスナビより投資のイメージがわきやすいかなと思いますね。(儲かるかどうかは別として)

ちなみに寿司だとこんな感じの企業へ投資します。

フォリオの特徴4つ

テーマ別投資が可能

投資で悩む人
これからこの業界は伸びる!

と思ったテーマに投資します。

例えば選んだ業界がペットなら、ペット関連の企業10社に分散投資する形。1万円を10社ではなく

  1. バランス型
  2. ディフェンス型
  3. グロース型
  4. バリュー型

という4つのスタイルがあります。どの型で買うかによって必要な投資料金は異なります。

バランス型


リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル。大手企業も成長企業もバランス良く買うスタイルですね。

ディフェンス型

銘柄の価格変動リスクをなるべく抑えることを狙う投資スタイル。大手企業の株価をメインに買います。

グロース型

銘柄の成長性を重視し、企業の更なる成長を狙う投資スタイル。

バリュー型

銘柄の割安さを重視し、将来的な割安の解消を狙う投資スタイル。僕が個別株で行っているのもこのスタイルがメインです。

この写真を撮った前日に大暴落があったのでマイナスが大きくなってます笑

投資のイメージがわきやすい

先程も紹介したテーマ別投資によるメリットです。ここがFOLIO一番の特徴だと思っています。ウェルスナビをやっていた時は下記画像の様な感じで投資を行います。

米国株を10万円ちょっと買ってますよ〜と言われても、

きしころ
何の企業買ってるんだろ?

となりますよね。

僕がウェルスナビを解約したのはここが原因で、「自分が買ってる商品が分からない」というところでした。

FOLIOなら「VR」などのテーマ別に投資ができるので、業界の現在から将来も予想しやすく、情報も調べやすいので投資のイメージがわきやすい。

更にどの企業の株を何株持ってるか把握できるので、大きな特徴だと僕は思います。

購入が非常に簡単

FOLIOは投資初心者でも簡単に購入できるような操作性があります。

まるでAmazonや楽天で買物するかのように「カートに入れる」というボタンで購入に進んでいけるんですね。

どうしても投資は注文が難しかったりするのでこの操作性はいいでしょう。

分散投資が可能


僕は個別株投資をしているんですが、2社で約1000万円を購入しています。

そうすると、2社が暴落したらもうとんでもないマイナスになっちゃうんですよね笑(ほんとは笑えないんですが)

FOLIOの場合10社購入するので、どこかの企業が落ちてても他がリカバリーしてくれることは実はあったりします。

フォリオのデメリット

もちろんデメリットもあるので順に紹介していきます。

資産が増えにくい


これは分散投資のデメリットですね。分散投資してリスクも分散しているわけなので、一気に倍とかなったりはしません。

数年、数十年単位で投資をしていくという人にFOLIOは向いているでしょう。

NISAに対応していない

NISAは年間120万円までの投資額に対する運用益や配当金が非課税になる制度です。

120万円で株を買って240万円で売ったら、利益の120万円に約20%の税金がかかりますがこちらが非課税ということ。

しかし残念ながらFOLIOでは対応していません。

購入した会社からの書類がたくさん届く

株式投資を行うと、持ってる株の会社から書類が届きます。

大体1社につき2ヶ月に1つぐらいでしょうかね。株を新規や追加で購入した際にも来るんですが、3テーマ30社とか買ってしまうととんでもない量がきます笑

これは未だ避けられないので頑張って管理してくださいとしか言えません笑

フォリオの手数料は2020年4月24日まで無料!


FOLIOの手数料2020年4月24日まで無料という大判振る舞い。

ちなみにウェルスナビやテオなどは1%かかってくるので大きな違いとなります。

手数料無料というロボアドバイザーはFOLIOしかありません。この機会に口座開設すべきインパクトのあるキャンペーンですね。

フォリオは本当に儲かるか

FOLIOは儲かるかどうかで僕が言うと

きしころ
時間次第!

としか言えません笑

投資はお金を減らすのが怖いので中々手を出さないことは分かるんですが、リスクを取らないとお金は増えないんですよね。

例えば投資した時期が悪くて、

投資で悩む人
買った瞬間に10%落ちた!

なんてことは現実的に有りえます。実際にこれを執筆している2018年12月22日も、日本の株は今年で一番安い水準まで落ちているので、夏頃始めた人はみんなマイナス10%ぐらい行っててもおかしくないです。

1年で2倍になることはありません。ただし数年、数十年単位で成長していく分野にじっくり投資していけば、多くの人は利益が出るだろうというのが僕の結論です。

投資で悩む人
儲かるのになんで君はやらないの?

と思うかもしれませんが、僕は自分で決算書を読んで買う企業を決めたりするのが好きですし、資産管理なども全部自分で行いたいからです。

フォリオで投資を始める流れ

FOLIOで投資を始めるにはたったの3STEPでOK。

  • 口座開設
  • 入金
  • 投資テーマを決めて購入

以上です。

まずは口座開設をしよう

投資をしていると、毎日お金の上限が激しいです。

僕でさえ先月まで評価益(まだ売ってない)プラス100万円だったものが。マイナス100万までいったことがあります。それでも長期投資として長い目で頑張って45さい億円に向かって投資しています。

今の20代、30代は年金ももらえないと思って過ごした方がいいし、100歳まで生きると思って過ごさないと、老後に資金がショートします。

僕は老後を穏便に暮らすためには、誰もが最低1億円が必要だと思ってます。しかし給料の上がらない昨今、1億円を貯めるのはなかなか難しいです。

しかし、投資ならそれが可能。もちろん一気にお金が増えることはありませんが、若い人には時間があります。時間をお金に変えることができるんです。

投資は若ければ若いほどいいです。是非早めに始めましょう。

口座開設の流れを画像で説明

口座開設の流れは【FOLIOの口座開設方法を画像9枚で簡単に紹介(所要時間3分!)】にて紹介していますので、よく分からないという方は合わせてご覧ください。

FOLIOの口座開設方法を画像9枚で簡単に紹介(所要時間3分!)

2018年12月26日

最小限のリスクで投資をはじめてみませんか?

FOLIO

手数料ゼロ・少額から株式投資ができる「FOLIO」
プロが厳選したテーマが用意されているので、投資の知識がない人も安心してはじめられます。
今なら1万円から始められるキャンペーン実施中!