【2018年最新版】大学生が学ぶべきプログラミング言語TOP5

フリーランス農家のきしころです。

プログラミングのオンラインスクールCodeCampで働いているため、大学生の後輩にめちゃくちゃ聞かれることがあります。それは

今からプログラミングを学びたいんですが、どの言語がいいですか?」というもの。

今まで50人ぐらいに聞かれました。これ。ということで今回は、大学生が学ぶべきプログラミング言語TOP5を個人的見解の元、紹介していきます。おすすめの学び方、本も合わせて紹介するので参考にしてみてください。

言語を決める前に目的を決める

学ぶ言語を決めることは非常に重要です。どのくらい重要かと言うと「今後のエンジニア人生を決めてしまう」ぐらい重要です。

本来ならやりたいこと(サイトが作りたいのかアプリが作りたいのか)を先に決め、それに対応する言語を選ぶのがいいのですが、今回は全くのプログラミング初心者の方へ向けた記事なので独断と偏見で紹介していきます。

第1位:HTML/CSS


厳密に言うとHTML/CSSはプログラミング言語ではないのですが、いきなり本格的なプログラミング言語を学ぶと挫折する可能性が非常に高いのでHTML/CSSをまず学ぶことがおすすめ。

「プログラミング」とプログラミング初心者の方が思い浮かべるのは以下の画像であることが多いでしょう。

正直言って初心者がいきなりこんなイメージのプログラミングをするとほ100%挫折します。そんな理由から、比較的コードが簡単なHTML/CSSから学ぶのがおすすめ。

プログラミング学習で一番大事なのは「継続」です。挫折してしまうと元も子もないのでまずは基本の言語、HTML/CSSを抑えてプログラミングの概念を理解していきましょう。

第2位:Python

AIや機械学習、人工知能ブームなどを支える言語。少し専門的な領域ではディープラーニングがバズワードになっているでしょう。

Pythonは数あるプログラミング言語の中でも年収がTOP3に食い込むほど高く、これからの時代更に伸びていくAI事業などに必須のため需要は伸びていくことが予想されています。

引用:みんなのスタンバイ

データ解析やAI事業に興味のある大学生の方におすすめです。しかし、高度な数学の知識が必要になってくることもあるので数学が苦手だと厳しいかなと思います。

Pythonでは今あなたが見ている当ブログは作れないので注意です。あくまでもデータ解析やAI事業での需要です。

第3位:PHP

PHPは当ブログを構築する世界的CMSシステムのWordPressやECサイトに利用されています。

日本においても非常に多くの場面で使われており、Web側を学んできたい人にはおすすめできます。特にWebデザイナーやECサイト作成したい人にはいいでしょうね。

しかし、PHPはそこまで高度なプログラミングを要するわけではないので、高い技術力(難しい言語を扱える人)には勝てないでしょう。あくまでも導入としてはおすすめです。

第4位:Java

Javaは銀行などのシステムに使われる言語です。

  1. 処理速度が早い
  2. セキュリティが強い
  3. 求人数はプログラミング言語TOPクラス
  4. Androidアプリ作成に使える

などの特徴があります。

Amazonで売られているJava関連の書籍は他の言語を凌駕し、求人数もTOPクラスなのでJavaを使えればすぐに仕事がなくなることはないでしょう。

ただ、ScalaというJavaの進化言語が出てきているので今後の動向には注目です。アメリカでは徐々にScalaが押して来ているとのことなので、日本でも5年後にはどうなっているか分かりませんね。

第5位:Swift

Swiftは日本で多くの人が利用している「iPhoneアプリ」開発に利用されます。

初心者にSwift学習をおすすめする人は中々いませんが僕はおすすめします。

なぜなら「好きなことじゃないと続かないから」です!多くの人がアプリを使っており普段から触れています。

  1. ゲーム制作をしたい
  2. 世の中を便利にするアプリを作りたい
  3. 身近なものから楽しんでとりかかりたい

という人におすすめ。特にゲーム好きな人には制作側に取り掛かりやすいと感じているのでおすすめです。好きなことじゃないとやっぱり続かないですからね。

Macが必要というハードルはありますが、15万ほどで購入してしまえばすぐ開発に取り掛かれますしアプリを自分で開発しちゃって出すのもいいかと思います。

おすすめのプログラミングスクール

とはいっても「自分ひとりじゃ勉強できません!」という人が99%なのがプログラミングの世界です。。。

僕も2回か3回挫折した後にしっかり学習を始めました。挫折してしまっては意味が無いので、自分で学習できる自信がない人はプログラミングスクールに通うことを検討しましょう。

実際にプログラミングスクールで働いてる僕がおすすめのプログラミングスクールを紹介していきます。

僕も学んでる!「CodeCamp」

まずは僕が働き&学んでいるCodeCamp

オンラインのマンツーマンスクールを提供しており、

  1. 近くにスクールがない
  2. 通学/バイトで忙しい

という方におすすめ。僕は滋賀からオンラインで通っています。自分がどの言語を学んだらいいかわからない、そもそもプログラミングがあってるか分からない方向けにプログラミング無料体験をオンラインで行っているので一度受けてみるのもいいでしょう。

無料体験詳細はこちら

CodeCampの詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

業界人が語る!【コードキャンプ】の特徴・評判・口コミを徹底解説

2017.07.25

非常識な結果を出す「侍エンジニア」

侍エンジニアは「非常識な結果を出す」ということにフォーカスしています。

卒業生の中には未経験から1ヶ月で時給3000円の案件が取れるようになった人も存在。まさに非常識ですね。

僕も無料体験を受講しましたが非常に素晴らしいです。60分の予定が合計3回で180分の無料体験を行ってくれました。2回目以降のカウンセリングは僕に適切な資料作成もしてきてくれてここはすごいなと思いましたね。

オンライン/通学(エビス)に対応しているので一度侍エンジニア塾 無料体験レッスンを受けてみてください。

侍エンジニア塾無料体験の詳細はこちら

侍エンジニアの詳しい内容はこちらの記事で行っています。

業界人が語る!【侍エンジニア塾】の特徴・評判総まとめ

2017.08.06

無料で学べる!「エンジニアカレッジ」

プログラミングスクールを受講するとなると、1ヶ月で10万円の出費は避けられません。そこでおすすめなのが【完全無料プログラミング研修&就活塾】を提供するエンジニアカレッジ。

好きな言語を学べるわけでなく、決まったカリキュラムにはなりますが完全無料で学ぶことが可能

エンジニアカレッジの詳細はこちら

エンジニアカレッジの詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

未経験から無料で転職!エンジニアカレッジがオススメな6個の理由

2017.08.13

まずは学習を始めてみよう

「これからプログラミングを始めたい!」という人に言えることはただ1つ。今すぐ学習を始めてみよう!ということです。

それがプログラミングスクールの無料体験を受けることでもいいし、本を買うことでもいい。まずは学習を開始して自分に適性があるかみてみましょう。

意外と文系の人でも学習できちゃうこともあります。かくいう僕も旅行学科でてる完全文系ですからね。英語も話せませんがプログラミングは少しできます。

プログラミングスクールの他にもUdemyの様なオンライン動画学習という手もあります。

3万円ほどするコースがよく3000円ぐらいになっているので一度検討してみてはいかがでしょうか?