僕が1ヶ月の食費5,000円を切るために行なった4つのこと

フリーランス農家のきしころ(@kagoshimato)です。

1ヶ月の食費が5,000円を切りました。外食含めたらかなりイッてますが家で作ったごはんでは外食の分を家で食べても5,000円を切りました。つまり3,000円ぐらいでした。

多くの友人が食費に困っているようです。先日会った麻布に住む友人は食費だけで8万円ぐらいいってるようでした。家で作らずほぼ外食に使っているようです。

そんな僕が1ヶ月の食費を5,000円に抑えるためにやったこと全部書きます。参考にどうぞ。

前提条件

僕が住んでるのは東京でも大阪でも福岡でもなく滋賀県甲良町。

人口7000人(そんないるのか)の小さな町です。

東京では難しいと思うのでご了承ください。

食費を5,000円に抑えるためにやった4つのこと

朝ごはんは抜く

朝ごはんって食べてますか?中学校の頃、朝ごはんは食べましたか?みたいなアンケートが結構あった気がします。

僕の家あんまり朝ごはん食べる習慣がなかったんですよね。チョコワは結構食べてました。

朝ごはんって本当に食べた方がいいんですか?ていうかそんな時間なくないですか?笑

僕のライフスタイルだと、朝6時には起きて畑にいるんですけど、帰ってきて10時11時。いつ食べるんだよって話です。会社員の方も9時出社だとしたら7時ぐらいには食べてるんでしょうか?眠くないですか?僕は眠いです。

朝ごはん食べない理由はもう1つあって、朝は消化の時間だと思ってるんですよ。元々人間って結構空腹だったと思うんですね。毎日お腹いっぱいまで食べることができるようになったのってここ数十年のことなのではないでしょうか?

そう考えると、空腹はある意味当たり前のことで、満タンになるとやる気おきなくなるんですよ。

  • 朝は消化の時間
  • 空腹が当たり前
  • 以上2つの理由から朝ごはんを食べることは年に10回程度です。(旅行先での海鮮丼とかは食べます)

    野菜は作る


    野菜は作りましょう。とんでもないぐらい出来てきます。特になすとオクラ。あいつらの破壊力は半端ないです。

    夏野菜カレーとか死ぬほど作れます。

    今年はスイカを作っています。

    先日スイカをウォッカに刺すというウォッカスイカなるものを作成しました。もっと改良が必要ですね。

    肉は獲る

    山行けば鹿とか猪たくさんいるんで獲りにいきましょう。一頭獲れば大量に肉ゲットなのでかなりの食料になります。(実際は狩猟法などの法律が絡んでくるので安易に山に行くと犯罪になったりマダニに噛まれて死にます)

    鹿ハツ。

    魚も獲る

    魚もそこらへんの川にいるんで獲りにいけばタダです。(期間とか禁止な方法が多いので注意)

    米は貰う

    米はもらいましょう。そもそも米は月に1度しか食べませんが来客用に確保してあります。

    米を貰う方法ですが、色々あります

  • 夏野菜作ってないけど米作ってる人にたくさん夏野菜をもっていく
  • 獲った肉や魚を持っていく
  • なんか困ってることありませんか?と聞く
  • などなど恩をうっておきましょう。「お前米作ってないやろ?」と50㎏ぐらい米くれた時はまじでびびりました。

    先にこちらが与えておけば向こうも与えてくれます。人生の基本。

    まとめ

    以上、僕が1ヶ月の食費を5000円に収めるために行なった4つのことでした。この記事が皆様のエンゲル係数を下げるきっかけになれば幸いです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)