「○○しか出来ない」という人は将来暇でアル中になる話

スポンサーリンク

フリーランス農家のきしころ(@kagoshimato)です。

天下のGoogleがまたやりましたね。
【速報】Google天才すぎ。プロ仕様のイラストが誰にでも描ける「AutoDraw」がすごすぎる!
以前は翻訳アプリでちょっとした激震を走らせたわけですが今回は制度が違いますね。詳しくはリンク先から楽しんでみてください。

これを見て思ったんですよね。「デザイナー」っていらなくなるんじゃね?って。

もちろんデザイナーって絵を書くだけじゃないですけどね。○○しかできないデザイナーっていらなくなるな。と思ったわけです。これはデザイナーだけじゃなくて誰にもで共通することなので書いておきます。

○○しかできない○○

  • デザインしかできないデザイナー
  • いい記事しか書けないブロガー
  • エレベーターしか直せないエレベーター工事の人
  • 会計業務しかできない会計士

などなどたくさんありますが、○○しかできない○○っていうのは非常にやばい状態だと思いませんか?「何か一つのことに特化していればいい」とか言われますけど、具体的にどこまで特化していればいいんですか?業界一ですか?世界一ですか?

そんな○○しか出来ない○○の未来を書いていきます。

暇になる

claudioscotece / Pixabay

仕事を人工知能が奪ってくれるので暇になります。○○しか出来ないので他に行く所もなく暇になります。そしてベーシックインカムが導入される。暇になりますよね。生活に困らないお金も入ってくるし掃除も買い物も料理も機会がしてくれる世の中になったら。そうすると次に話す事が異常に起こると思います。

アル中になる

jarmoluk / Pixabay

仕事をいかに早く終わらせるか考えるほど没頭している趣味ってありますか?多分多くの人が無いと思います。だから残業に疑いもなくできる人っているのだと思います。別に家に帰ってもやることないし、早く上がれたら飲んで帰るか、家で飲むかっていう選択肢しかない。

日常的に勉強したいこととか、没頭できる趣味がないと「酒」に走る人って多いんですよね。嫌いな人もいますけどね。日常的に暇になったら飲むしかない人って多いのでは?

マルチな特技は必須な時代

kaboompics / Pixabay

ちょっと話を派生させます。

フリーランス至上主義みたいな人もいますが、会社に入るのも僕はいいと思っています。ある一定の給料を貰えて休みもあれば。でもそんな状況なのに会社でしかキャリアを積まないのはダサいなと。

せっかくのそんな状況なのだから、他に稼ぐ方法とかを見つけたほうがいい。会社以外のキャリアも考えたほうがいい。その会社が一生面倒見てくれることはないのだから。

会社だけでしか生きていけないと、会社への交渉力も弱くなる。経営者からしたら「うちやめても行くとこないでしょ?」っていう。

「俺、別にここ辞めても引く手数多っすけど?こんな給料でいいんすか?」ぐらい言えないとまずい。そのために会社以外のキャリアも考えたほうがいい。

副業禁止の会社

副業禁止ってどういうことですかねえ。社員をそんなに縛って何したいんですかね?土日休みならそこでキャリア積んでもらって活かしてくれたほうがいいんじゃないんですかねえ?

副業禁止は「社員の人生」よりも「会社という組織」を重視した結果にしか思えませんね。しかも会社潰れたら何の責任もとってくれない。結果社員は狭まれた選択肢の中で仕事を探って自分の人生を決めていく。本来はライフスタイルから仕事を決めるはずなのに手順が逆になっちゃう。これで社員は幸せなんでしょうかね?

まとめ

  • 特定の領域しか出来ないのはこれからやばいという話。
  • マルチな才能を持とう

という事を書きました。今後の世の中がどうなっていくか楽しみですね。

何が起きても、自分のやりたいことありきで人生を手動したいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)