オリーブオイルへのこだわりが半端ないパスタ屋「ラ・カパンニーナ」@愛知県半田市

スポンサーリンク

ども。

きしころ(@kagoshimato)です。

僕、お米ほとんど食べないんですよね。

家にお米がないぐらいお米食べないんですよ。

昔っからパンかパスタ派。

自炊もパスタばっかだったのでパスタなら何でも作れちゃいます。

そんな中、非常に素晴らしいパスタ屋さんを発見したのでレポ。

コスパ、味共に抜群でした。

ラ・カパンニーナ

愛知県半田市。僕の出身地にそれはありました。

外観はこんな感じ。

ちなみに予約必須。

席はカウンター5席に4名掛けテーブル2席と小さく、夫婦で営んでいるためキャパは狭い。

メニュー

ランチが700円と非常にお安い。

+200円で上質麺に出来る。

お店の人に聞いていないのでわからないが、通常麺はDe Cecco(ディチェコ)、200円でVoiello(ヴォイエロ)になると思う。

てっきり200円で生パスタが来ると思っていたので僕には嬉しい誤算だった。

Voielloは幻のパスタとも言われていた時代があるが、最近はスーパーでもたまにみかける。

しかし高いので家で作るのは基本De Cecco。

非常にたくさん食べるので5kg単位で買っている。

とり肉ときのこのトマトソース
カツオ、たまねぎ、フレッシュトマト、黒オリーブのオイルパスタ

非常に素材の味が強く活かされており、興味深い味だった。

パスタ専門店の味。中途半端なお店には出せない味だ。

店主曰く、オリーブオイルへのこだわりが生半可ではないとのことで、非常に香り高いバージンオイルを感じた。

いくらするんだろう。オイル。という感じ。

 【スポンサーリンク】

 

奇跡のパンナコッタ

これがパンナコッタだ。

お店に居た人全員頼んでいたので僕も乗っかった。

これはやばい。

まじでレシピ教えてほしいレベル。いや、レヴェル。

そこらのパンナコッタとは一線を画す味わい。

ミルク感が強く、北海道を思い出すような。

なんとも興味深い。

これは食べないと人生終われない。

まとめ

パスタからデザートまで非常に素晴らしかったです。

もうそこらへんのパスタ屋でパスタ食べれません。

実家から近いので、ここへ伺うついでに実家変えるレベル。

ラーメンは家で作れないけど、パスタは家でも作れるので、もっとたくさん作って自分でもこのレベルに届く様に頑張ります。

野菜なら負けないし。

ごちそうさまでした。

家でパスタを作るって人は一度ヴォイエロで作ってみてください。

営業時間

11:30~13:30
18:00~20:30(L.O)

水曜定休。

予約必須。

食べログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)