進化する鶏白湯「チキン野郎」@滋賀県彦根市

スポンサーリンク

ども。

きしころ(@kagoshimato)です。

「滋賀県民なのに滋賀の料理全然紹介してない!」

とお叱りを受けたので、滋賀のラーメン紹介します。

といっても、今回のお店は僕が週一で通うヘビー常連な店でもあります笑

誰か遊びに来たら間違いなく連れて行きます。

5日連続キメた事もあります。

店の名は「チキン野郎」。

鶏白湯が多い滋賀県でも僕は一番好きです。

いや、日本ラーメンの中でもTOP5に入ります。

どうぞ。

関西新店舗部門準グランプリの実力

滋賀県食べログラーメンNo.1のNIKKOで修行したという店主が2012年に開業。

2013年には関西新店舗部門準グランプリを受賞している。

店の名の通り、「チキン(鶏)」を強く意識したラーメン屋だ。

店主はイケメンで、ラーメンを作るだけでなく配膳もこなす。

店全体のバランスを意識して営業しているのが伝わってくる。

こってり野郎

チキン野郎主力商品の「こってり野郎」。

数種類の鶏を極限まで煮込み仕上げられた濃厚なラーメン。

麺はスープに合う様太麺で頂く。

しょうゆの香りも強い。

最初の一杯はこれで決まり。

京都の「極鶏」に似ているが、あれほど重くはない。

塩こってり野郎

僕が2回に1回頼む麺。

バジルの香りがたまらなくいい。

鶏白湯を強く感じるスープバジルで全体をまとめた創作鶏白湯だ。

とってもイタリアンだがこれは紛れも無くラーメン。

トッピングにはレア叉焼、メンマ、青菜、白髪ネギが添えられており非常に素敵なビジュアル。

スープがドロドロなので麺は冷めない。

すだち醤油つけて野郎

つけ麺ももちろんあります。

鶏全開のつけダレかとおもいきや、魚粉もかなりしっかり効いている。

そこに酢橘の酸味がアクセントになっておりペロリといけてしまう味わい。

僕の中ではこいつと塩こってりの2強です。

甘め塩つけて野朗

女性向けなテイスト。

過剰な甘みもなく、塩の風味も香る。

サイコロチャーシューもゴロゴロ入っている。

濃いのが好きな人は避けましょう。

限定麺

月替りの限定麺も存在。

5月の「あさりのあっさり野朗」は非常に素晴らしかった。

あさりを飲んでいるかの錯覚を受けた。

当日いきなりFacebookで、

「今日限定で◯◯麺やります!」

みたいな不意打ちもあるので注意。

ちなみに不意打ちの日は必ずいくのが僕です。

 【スポンサーリンク】

 

まとめ

近くにあるからではなく、まじでレベルの高いラーメン。

最近結婚した店主の今後さらなる進化系ラーメンに期待。

営業時間:(平日・昼)11:30~14:30
(平日・夜)18:00~22:00
(土・日祝)11:30~22:00

食べログ:http://tabelog.com/shiga/A2503/A250303/25006427/

地図はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)