情報発信しないとか正気ですか?

スポンサーリンク

ども

きしころ(@kagoshimato)です。

先日、2万個作ったにんにくを売りきりました。

 このブログから何人もの方がにんにくを買ってくれました。

その数約5000個。

ブログをやっていなかったら大量に今でも売れ残っていたことでしょう。

そこで今回は情報発信の重要性を説きます。

情報発信の重要性

現代において、情報というものは「文字」によって成り立っています。

情報収集する人が行うことは検索する事であり、

検索に利用するのは「文字」です。

つまり情報発信も情報収集もこの時代においては「文字」に支配されており、

この検索にヒットするかしないかによって、今後の展開に多大な影響が出ます。

インターネットの登場前はプロだけが意識すべきだった「文字」が、

今では個人でも意識すべきポイントになっている事は否定できるものではないのです。

自分の持っている情報は誰かに価値があるモノ

自分の持っている情報の価値は、自分で決めるものではない。

価値を決めるのは読み手である他人であり、あなたではない。

自身の活動を情報として持っているだけではないも同然である。

その情報を誰かが欲しているのに発信しない事。

僕はこれを罪だとさえ思う。

求められていることに応える事で、共に何かをやる仲間だったり、

時分が欲しい情報が手に入るという出来事が僕に起こった。

つまり、情報発信は

自分の頭の中を整理する様な義務的なものではなく、

【自分の欲しい情報を集める効率的なツールの1つ】

である。

自分のしたいことが楽になったりするツールの1つだ。

文章を書くということ

恐らく、情報発信しない理由はこの2つに大別される。

  1. 文章を書くのが下手だという認識
  2. めんどくさい

1,文章を書くのが下手だという認識

あなたなりの言葉で書けば良い。

もちろん見やすい書き方や、意識させる書き方は存在する。

しかし、そんなものよりももっとあなたの内側から出る言葉で伝えるほうが、

きっと伝わる。

発信に効率的な文章を突き詰めれば、全員が同じ文章になってしまう。

そうではなくありきたりの体験や情報を持っているを、あなたの言葉で伝える事にきっと価値はあるのだと思う。

最初から文章がうまい化物なんて早々存在しない。

書いていくうちにうまくなるのでまずは書くことが大事だ。

2.めんどくさい

確かにめんどくさい

情報発信のツールを何にするかにもよるが、継続していくことが何より困難。

最初のうちは反応も少ないし、明確な目標も掲げにくくモチベーションにつながりにくい。

しかし、続けていくことできっと結果は出てくる。

思わぬところからの反応や、直接連絡も来ることが増えるだろう。

書くことはスキルとして蓄積されていくので、めんどくさいと思っても続けてみよう。

必ずあなたの情報を求めている人がいる。

検索できないという事は、存在しないのと同じ

言った事が伝わっていない場合同様に、検索しても出てこない活動は

存在しないのと同じ」だ。

なんでも検索されるこの時代に、検索されないその状態はヤバイという事に気づかなければならない。

あなたの活動を知っている人の何百倍、何千倍という人があなたに関するキーワードを検索しているだろう。

ランチであれば食べログ

地名+ランチ

だし

観光地であれば

地名+観光

などで検索される。

そこで検索されないのであれば、存在しないのと同じだ。

機会損失はすさまじいと思ったほうがいい。

個人で行える最強の営業ツール

これこそ情報発信だ。

自分で営業に行くのも大事だが、向こうから来てもらうようにしなければいけない。

営業は忙しいし、非常に非効率だからだ。

あなたの活動が素晴らしいものであれば、きっと向こうから赴いてくるだろう。

営業が忙しいからといって情報発信しないとか、昭和ですか?

自分の活動がいかに素晴らしくても、その情報をしまっていては誰もノックしてくれませんよ。

情報発信、足りてますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)