日本で見れるまるで絵画の様な池。モネの池

スポンサーリンク

モネの池

最近人気急上昇中。

つい先日まで池に名前すらなかったのに今では、かの有名な画家の名前をつけられている。

今回はまるでモネが描いた絵画の様な池への行き方を紹介。

どこにあるのか?

岐阜県関市にあります。

ただし関市内から30kmぐらいあります。

山間の道を市内から1時間弱車で走行します。

住所はこちら

住所:岐阜県関市板取下根道上448

根道神社という神社の横にあります。

駐車場は10台程度。

山を進むと着きます。

特に看板ないので注意。僕は10km通り過ぎました。

ナビ使えよ,,,

f:id:kishikoro:20160201181041j:plain

え、めっちゃ綺麗。

湧水が流れ込んでいるらしく、透明度抜群。

鯉が浮いている様に見える。

深さは1メートルで全長は約40メートル

に悠々と泳ぐ鯉。優雅。

f:id:kishikoro:20160201181411j:plain

錯覚を起こしますね。

光の角度や量に酔って色が変わります。

f:id:kishikoro:20160201181459j:plain

北海道美瑛の青い池と同じような雰囲気を感じます。

見ごろは?

年によって違いますが、11月上旬~12月上旬で紅葉と共に楽しむことができるみたいです。

しかし行くには国道256号を北上するしかないので、人気が出て時間が経ってきた今年の紅葉の時期は駐車場に入るのも相当待つ事になると予想してます。

ちなみに現地にの人に聞いたところ蓮の咲く6月上旬ごろも素晴らしいそう。

ただし蓮の花は朝しか咲かないので相当早く行くか、近くにあるキャンプ場に泊まっていくのもいいかもしれません。

恐らくオフシーズンの1月下旬の平日昼間で10人ほどいました。

駐車場も多くないので、混雑時は現地の方にも迷惑にならないようにしなきゃね。

国道もグネグネしてるので運転も気を付けて行ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)